【川崎】“紙一重の勝負”でなぜ勝ち切れるのか――示唆に富む谷口彰悟の見解

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年11月10日

「本当に紙一重の差だと思います」

8日間で3試合をこなすタイトな日程だったが、広島、浦和、鹿島を相手に3連勝を達成。逆転優勝に望みをつないだ。写真:徳原隆元

画像を見る

[J1リーグ第31節]鹿島0-2川崎/11月9日/カシマ

 いったい、どちらが“鹿島”なのか、分からなくなるようなゲームだった。

 劣勢の時間を耐えて、ワンチャンスをモノにする。そんな試合巧者ぶりは断トツの20冠を誇る鹿島の特権でもあったが、常勝軍団のお家芸をやってみせたのは、カシマサッカースタジアムに乗り込んだ川崎のほうだった。

 鹿島の決定力不足に助けられた部分はあったが、それでも川崎は相手にペースを握られる展開でも、しぶとく守り、ゴールに鍵をかける。51分にはセルジーニョに決定的なシュートを浴びたが、間一髪で車屋紳太郎がブロック。鹿島の選手たちも思わず天を仰ぐ。

「後半の立ち上がりも、鹿島がかなりギアを上げてきているなって、圧力を感じていました。うまく反撃できればよかったですけど、我慢するところは我慢して、人数をかけてでも我慢しなければいけない、と。押し込まれてはいましたが、冷静に、周りを見ながらやれていたと思います」(谷口彰悟)
 
 我慢に我慢を重ねる割り切った戦いが報われたのが62分。家長昭博のFKに山村和也がヘッドで合わせてゴールネットを揺らし、あっさりと先制に成功。さらに71分にはカウンターから途中出場の長谷川竜也が加点。2-0の完勝を収めた。

 目下リーグ連覇中で、今季は悲願のルヴァンカップ制覇を達成。同大会の準決勝で退けた鹿島には、リーグ戦では1-1で引き分けた16年4月のゲーム以降、8戦負けなし(5勝3分)だ。ある意味、今の川崎には“常勝軍団”の風格が漂い始めている。

 クラブとして上昇カーブを描く川崎と、やや停滞感が否めない鹿島。現時点で両者を隔てるものはなにか。「そこまで大きな差はないと思います。本当に紙一重」と話す谷口は、さらにこう続ける。

「こっちはセットプレーのワンチャンスで点を取って、流れを変えた。逆に鹿島にもチャンスはありましたけど、ゴールラインぎりぎりで防いだシーンもありました。そういうチャンスをモノにしたか、していないか。本当に紙一重の差だと思います」

【鹿島 0-2 川崎 PHOTO】首位前線に異状あり。上位対決を制したのは川崎。敗れた鹿島は3位へ後退

【川崎フロンターレ PHOTO】敵地浦和で勝ち点3!試合翌日のリラックスした表情厳選!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ