【川崎】負傷から一夜明け…左膝前十字靭帯損傷の中村憲剛は力強い言葉「この怪我にも意味があるはず」

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年11月03日

「やっちゃったもんはしょうがない」と前向きに語る

11月2日の広島戦で負傷した中村。左膝を痛めた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 11月3日、前日の広島戦(2-1)で左膝の前十字靭帯を負傷し、途中交代していた中村憲剛が胸中を語った。

 1-0で迎えた64分だった。トップ下で先発した中村は、広島陣内の高い位置でプレッシャーをかけたが、相手と交錯。直後に自らバツ印を作り、左膝を抱えた。

 一夜明け、「できないと思った。音も凄かった。変な方に曲がってしまったので」と負傷した瞬間を振り返りつつ、「あのプレーは自分が判断したもので、後悔はしていないです。やっちゃったことはしょうがないという想いです」と前を向いた。

「落ち込んではいますよ」と前置きはする。現状では離脱期間は不明だが、プロサッカー人生で経験したことのない長期離脱を強いられそうだ。それでもこれまで数々の苦難を乗り越えてきたリーグを代表する司令塔である。そのメンタルの強さを表わすかのように、口から出てきたのは、驚くほど前向きな言葉の数々だった。
「覚悟はしていました。そうではなければ良かったなとは思っていましたけどね。実際に言われた時はしょうがないかなと。

 自分が思っていた以上に前向きですよ。もっと落ち込むかなと思っていたんですけど。やっちゃったことはしょうがないという想いです。この後、もっと痛みを感じたり、リハビリが長くて、その時々で波があるとは思いますが、復帰する時のイメージを持ちながらやっていたいです。この歳でこの怪我をする人はいないと思うので、戻れる姿を見せられるようやっていきたいです」

 リーグ3連覇を目指すチームは苦しい状況ながら広島戦に勝って4位に浮上。奇跡の逆転優勝へ望みをつないだ。それだけに「チームを離れるわけではないですし、自分がいる意味を探してやれれば良いかなと。残り4試合で諦める数字ではないですし、昨日も苦しい試合を勝ってつなげたわけで、次の浦和に勝てば、勝点を縮めた状態で鹿島戦に臨める。中2日で大変だと思いますが、皆を信じたい。なんだかんだで役に立ちたいです」とチームへの貢献も誓った。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ