【ルヴァン杯決勝|戦評】敗者はいない。称えられるべき両チームのファイト

カテゴリ:Jリーグ

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2019年10月26日

立ち上がりは札幌の“トライアングル”が機能

小林のゴールで川崎が追いつく。ルヴァンカップ決勝はスペクタクルな試合になった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2019年のルヴァンカップ決勝は、川崎が札幌を3-3、PK戦の末に下して初優勝という結果に終わった。

 昨日の大雨が嘘のような晴天に恵まれたファイナルの舞台、札幌のスタメンは以下のとおり。


<札幌>3-4-2-1システム
GK:ク・ソンユン/DF:進藤、キム・ミンテ、福森/MF:荒野、深井、菅/シャドー:鈴木、チャナティップ/CF:ジェイ

 対する川崎のスタメンは以下のとおりだった。

<川崎>4-2-3-1システム
GK:新井/DF:登里、山村、谷口、車屋/ボランチ:田中、大島/2列目:家長、脇阪、阿部/CF:L・ダミアン

 立ち上がりは一進一退の攻防が続いた試合で均衡を破ったのは、札幌。10分、車屋をドリブルでかわした白井がゴール前にクロス。ファー気味に流れたボールをそのまま菅が右足のボレーシュートで叩き込んだ。

 ゲーム序盤の札幌は、鈴木とチャナティップの両シャドーが川崎の2ライン間(MFとDF)のスペースを巧みに使ってチャンスを作り出していた。そのシャドーの気の利いた動きに合わせるかのように両ワイドの白井と菅が絡んだのが、まさに先制点のシーンだった。

 札幌で攻撃の基準点として機能していたのがCFのジェイだ。強靭なフィジカルと優れたパスセンスを生かし、前線に飛び出す鈴木とチャナティップにチャンスボールを送っていたプレーがなかでも印象的で、そのジェイをメインに機能していた“トライアングル”(ジェイ、鈴木、チャナティップ)のおかげで、札幌はポジティブな試合運びができていた。
 
 一方、2年前のルヴァンカップ決勝(相手はC大阪)と同じく先手を取られた川崎はボランチの大島、2列目サイドの阿部や家長を軸に好機を作り出すも、肝心のゴールにつながらない。19分、阿部の左サイドからのクロスに合わせたL・ダミアンのシュートはポストに嫌われ、続く24分の大島のミドルはGKク・ソンユンに弾かれるなど、あと一歩のところでネットには届かなかったのである。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ