【J1採点&寸評】鳥栖2-1FC東京|2発に絡んだ豊田も最高評点だが…MOMは逆転弾のきっかけを作ったディフェンスリーダー!

カテゴリ:Jリーグ

後藤勝

2019年10月05日

鳥栖――高橋は安定感のあるライン統率でチームを支える

【警告】鳥栖=なし FC東京=なし
【退場】鳥栖=なし FC東京=なし
【MAN OF THE MATCH】高橋秀人(鳥栖)

画像を見る

[J1リーグ28節]鳥栖2-1FC東京/10月5日(土)/ベストアメニティスタジアム
 
【チーム採点・寸評】
鳥栖 6.5

0-1となっても諦めずハードワークを続け、勝負手の駒を次々に投入して3ポイントをゲット。しぶとい戦いぶりでJ1残留を引き寄せた。
 
【鳥栖|採点・寸評】
GK
18 高丘陽平 6
セットプレーによる1失点のみという結果を見れば褒めたいところだが、直接コーナーキックがゴールに入る事態は防げたはず。及第点と見る。
 
DF
2 高橋祐治 6
昨シーズンに比べれば安定してきたものの、時折不用意なプレーでピンチを招きかけていた。両隣との連携をさらに熟成させたい。
 
MAN OF THE MATCH
36 高橋秀人 7
センターバックとして安定感とラインコントロールでチームを支えた。決勝点のきっかけとなるヘディングにリーダーの自覚を見た。
 
15 パク・ジョンス 5(79分OUT)
中盤でスクリーンとなれず、FC東京がゴール前付近に到達する一因となってしまっていた。もう少し中を締める意識を高めたい。
 
MF
5 金井貢史 6.5
豊田陽平を狙ったクロスなどいいプレーもありつつ、全体的には印象が薄かった。しかし最後のプレーで貴重な決勝ゴールを挙げ、勝点3をもたらす活躍。
 
6 福田晃斗 5(57分OUT)
前半は何度かクロスでチャンスをつくったものの、時間の経過とともに姿を消すようになり57分で交代。プレー時間を伸ばすべく意識を高めたい。
 
4 原川 力 5.5(65分OUT)
序盤は柔らかいタッチでチャンスを創出しようとする意欲も見えたが、やや強度不足か。キッカーとしてももう少しインパクトが欲しかった。
 
2 三丸 拡 6
積極的にクロスを狙っていくサイド攻撃は好感度大。68分にイサック・クエンカとの連係から送ったクロスは素晴らしかった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ