リーグ3連覇へ崖っぷちの川崎。どう立て直す?選手たちの反応は?

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年09月29日

一矢報いた長谷川は「希望を捨てないように」と強調

ホームで痛い敗戦を喫した川崎。選手たちも一様に肩を落とした。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

[J1リーグ27節]川崎1-2神戸/9月28日/等々力
 
 首位のFC東京とは勝点差8の4位。逆転でのリーグ3連覇へ、取りこぼしは許されない状況で迎えた27節、ホームで神戸と対戦した川崎は1-2で敗れた。FC東京は同29日に松本と対戦するため、現時点で差が広がるかは分からないが、順位は5位に後退。3年連続での戴冠へ重くのしかかる一敗となった。
 
 13対4とシュート数では神戸を大きく上回った。しかし、前半終了間際にカウンターから先制点を奪われると、70分にはセットプレーの流れから失点。その後は、後半アディショナルタイムに1点を返すに止まった。
 
 ゴールを奪った長谷川竜也は「今日に限っては負けちゃいけない試合でしたし、本当に不甲斐ない結果で、去年、一昨年と2連覇した誇りやプライドを前面に出して、やっぱり簡単には負けてはいけない戦いをしなくてはいけない。終わってしまったことは仕方ないですが、ここで崩れないで、最後の最後まで希望を捨てないように、また次からやるしかない」と語る。
 
 また、冷静に戦う必要があると強調するのは、昨季のリーグMVPである家長昭博だ。
 
「変わらずやることも大事だと思いますし、チームとして何かを大きく変える必要はないとは感じています。ただグラウンドの中では臨機応変に戦わないといけないです。勝てない時は絶対に来るので、こういう時は冷静にやれれば良いと思う。苦しいですが、どうにかここを抜け出せるように個人もチームも、もうひと踏ん張り、ふた踏ん張りしなくちゃいけないですし、謙虚に泥臭くやっていきたいです」

 リーグ戦の直近8試合の成績は1勝3分4敗。大きなペースダウンで、ルヴァンカップこそ準決勝に進出したが、天皇杯も敗退。最近のチームは自信を失っているように映るが、守備の柱の谷口彰悟も次のように語る。

「下を向きすぎるのが一番ダメなので、上との差がどうなるかすごく気になるところですが、自分たちがスッキリする試合をすることが大事。自信もそうですし、ミスが重なるとプレーの選択も安全なものになってしまう。でもこのチームの選手は、調子の良い時は一人ひとりが危険な位置で受けて前を向いて仕掛けられる。やっぱりそこの迫力、推進力を求めていきたい。そこは要求し合いながら、自信のところも、技術的なところも、もう一回やっていかなくちゃいけないです」
【関連記事】
【川崎】ホームで痛すぎる敗戦…中村憲剛、田中碧が悔いた失点シーンでの判断
【J1採点&寸評】川崎 1-2 神戸|ピンチを救った神戸の守護神を評価!ビジャも高い決定力を示す
【川崎】天皇杯敗退後に中村憲剛が示した新たな決意。続くベンチスタートにも「ピッチで取り返すしかない」
【川崎】7戦ぶりの勝利を呼び込む一発!脇坂泰斗が沈めたコントロールショットの価値
痛恨の敗戦で首位と勝点11差。リーグ3連覇へ窮地に立たされた川崎に今、何が必要なのか

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ