痛恨の敗戦で首位と勝点11差。リーグ3連覇へ窮地に立たされた川崎に今、何が必要なのか

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年09月02日

指揮官はメンタル面の回復が必要だと説明

C大阪戦で今季4敗目を喫した川崎。6戦未勝利となった。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J125節]C大阪2-1川崎/9月1日/長居
 
 厳しい結果を突き付けられた。リーグ3連覇を目指す川崎は、25節にアウェーでC大阪と対戦したが、1-2で敗戦。これで6戦未勝利となり、首位のFC東京とは勝点11差。順位は5位へ後退した。残り9戦という状況を考えれば、非常に厳しい立場に追い込まれたと言わざるを得ないだろう。
 
 必勝を喫したC大阪戦は、開始2分に課題のセットプレーから失点。13分に阿部浩之のゴールで同点に追い付き、その後は「ほぼハーフコートでできた」(中村憲剛)とC大阪を押し込んで、相手のカウンターの芽も摘み取るなど、復調の気配を感じさせた。
 
 しかし、後半立ち上がりにC大阪の攻撃を受けてしまうと、54分に勝ち越し弾を奪われ、レアンドロ・ダミアンらの投入も実らずに、今季4敗目を喫した。
 
 王者はなぜもがき苦しんでいるのか。試合後には小林悠、中村、鬼木達監督に話を訊くと、それぞれチームの課題と今後の修正ポイントを語ってくれた。
 
 まず「気持ちの回復がすごく重要だと思います」と話すのは鬼木監督だ。指揮官はメンタル面が弱っていることを問題に挙げ、「想像以上に3連覇を目指す中でプレッシャーも感じていますし、開き直りというか、気持ちをフレッシュにしないと、思い切ったプレーができないはずです。そこは働きかけたいです」と語る。
 
 一方、開始早々のセットプレーでの失点を「集中していたはずなんですが、ああいう風にやられてしまう。もう一回、一人ひとりが考え直さなくてはいけないと思います」と悔いたキャプテンの小林は「難しくしているのは自分たち」と現状を説明。
 
「まずは勝たないとなにも始まらない。ルヴァンカップ(9月4日に名古屋との準々決勝第1戦を迎える)を挟みますが、まずは勝つこと。そうすれば上手く進むはずですし、そのための準備をしっかり話し合って進めていきたいです」と気丈に振る舞った。

【C大阪 2-1 川崎 PHOTO】瀬古、鈴木共にJ1初ゴール!C大阪が3連勝で6位浮上!

【C大阪笑顔 PHOTO】ホームで上位対決を制し3連勝!移籍後初ゴールの鈴木孝司もサポーターの声援に応える!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ