【川崎】ホームで痛すぎる敗戦…中村憲剛、田中碧が悔いた失点シーンでの判断

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年09月29日

カウンターから先制点を奪われる

トップ下で先発した中村。ただチームを勝利に導くことはできなかった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J127節]川崎1-2神戸/9月28日/等々力
 
 J1の27節で神戸をホームに迎えた川崎は1-2で敗戦。翌日、29日の首位・FC東京の結果次第では、残り7戦で勝点11差となるだけに、リーグ3連覇へ非常に痛い黒星となった。
 
 序盤こそ相手にボールを持たれたが、徐々に挽回し、前半は悪くないパフォーマンスを見せていた。現に中村憲剛も「自分たちの守備の形、前から行ってキーパーに蹴らせてというところで、決定的なピンチはなかったですし、手応え自体はありました。あのままハーフタイムに入っていれば、このままいこうという話ができたと思います」と振り返る。
 
 しかし、続けて中村が「あの1点が……」と悔やんだように44分に喫した失点が川崎に重くのしかかった。
 
 ネットを揺らされたシーンは、カウンターからだった。中盤で中村がキープし、前方の田中碧にパス。田中はそのボールをさらに縦へつなげようとしたところで、相手DFダンクレーにカットされ、カウンターに転じられると、神戸の2トップ、古橋亨梧とビジャの連係で一気にゴール前まで持ち込まれ、古橋のパスをビジャに冷静に決められた。
 
 件の場面を田中は「自分のミスで失点してしまった」と語り、中村は「(時間帯を考えれば)あそこは外に(パスを)出して自分が時間を作るべきだったのかなと。チャンスだと思って行けるかなと思ったんですが。あそこで碧につないで、取られちゃってカウンターになってしまった。そういう意味では自分の判断のところを含めて悔やまれるところでもあります」と話す。
 
 その後、チームは反撃に出たが、「後半はチャンスを作れていたところで、セットプレーで2点目を奪われてしまった」(中村)と70分にも失点。後半アディショナルタイムにGKと一対一になった長谷川竜也が一矢を報いたが、同点には追いつけなかった。
 
「相手はやっていることはシンプルだった。自分たちが先に点を取っていれば別のゲームになったはず。ただもっと相手を見ながらやらなくちゃいけないですし、相手に中も外もあると思わせるボールの持ち方をしなくてはいけないと思います」と指摘した中村は、「ただ下を向いていても仕方ないですし、続けていくしかないです」と口にしてスタジアムを後にした。王者はここから再度、立ち直ることができるのか。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ