苦境に喘ぐジェフを救うために――佐藤勇人が示す覚悟と献身ぶり

カテゴリ:Jリーグ

赤沼圭子

2019年09月19日

水戸戦では7試合ぶりの勝利を手繰り寄せる

ここ3試合はスタメン出場し、チームを引っ張る佐藤。水戸戦では勝利に貢献した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 千葉の今季初の逆転勝利を告げる笛の音がフクアリに響くと、佐藤勇人はその場に崩れ落ちるように膝をついた。
 
 J2の32節で水戸と対戦した千葉は2-1で勝利。白星は25節の琉球戦以来で、ホームのフクアリでの勝点3獲得は23節の福岡戦以来だ。勝ち切った達成感と歓喜に感極まってうずくまった男を、後ろから抱きかかえるようにして立ち上がらせたのは、彼の双子の弟の佐藤寿人だった。
 
 J2でチームワーストタイの4連敗で迎えた30節の町田戦で、21節の徳島戦以来のスタメン出場を果たした佐藤は、試合前のロッカールームやウォーミングアップ時にチームメイトに向かって、そして自分にも言い聞かせるようにこう言った。
 
「プレッシャーを感じられるのもプロのスポーツ選手、サッカー選手ということだから、最後はもう楽しんでやれるくらいの気持ちでやろう」
 
 それまで試合をピッチの外から見ていて感じるものがあった。
 
「勝たなくちゃいけない。でも、勝てていない。連敗している。みんながすごくプレッシャーを感じていると思った。このタイミングで自分にチャンスが来て、自分の役割はハッキリしている。正直、自分はピッチでできることは限られている部分があるけど、ピッチ外のところ、みんなの顔を見ながらというところの役割は自分にある。プレッシャーを感じるのはそれこそ自分でいいし、他の選手には持っている良いものを出してほしいと思うから、自分はみんなの分を背負うつもりでやっていた」
 
 メンタル面をカバーするだけではない。30節・町田戦の後半、佐藤は中盤に生まれるスペースに意図的にポジションをとった。一度攻めたら終わりがちな千葉の攻撃に連続性を持たせるため、相手のクリアなどセカンドボールを拾い、相手陣内でサッカーをすることでリズムを作ろうとしたのだ。
 
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ