GKからFWになり開花。アーセナルに加入したペペの転機は父の転勤? 【フランスで飛躍した逸材のルーツ探訪】

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年09月19日

アーセナルでも選んだこだわりの「19番」の意味

ニコラ・ペペ(コートジボワール代表/24歳)/リール→アーセナル/移籍金8000万ユーロ(約100億円) (C)Getty Images

画像を見る

 昨シーズンのリーグ・アンで主役級の活躍を示し、今夏にプレミアリーグへとステップアップの移籍を実現したペペ、ヌドンベレ、サンマクシマンの3選手は、どんなバックグラウンドの持ち主か。それぞれルーツに迫るこの企画。初回はリールから約100億円でアーセナルへ渡った逸材、ニコラ・ペペだ。

――――◆――――◆――――

 リールで背負い、アーセナルでも選んだこだわりの「19番」は、大切な故郷を示す数字だ。そのナンバーは、少年時代を過ごしたパリ19区(パリ北東部の19区は隣の18区と並びアフリカ系移民が多く住む下町)に由来する。キャリアの始まりは、地元のFCソリテール・パリ・エストという小さなクラブ。6歳で門を叩き、16歳までプレーした。
 当時のニコラ・ペペがゴールを決める時間帯は、試合終盤に限られた。チームの勝利がほぼ確実になり、好きなポジションでプレーできる自由が与えられないかぎり、アタッカーとしてはピッチに立てなかったからだ。コートジボワールにルーツを持つ少年のFCソリテール時代の持ち場は、FWではなくGKだったのだ。

 守護神としても、優秀だった。実際、U-12のトーナメントに出場した際には、大会のMVPと最優秀GKに輝いたことがある。

 大きな転機は2011年、パリ南西部のコミューン(地方自治体)、ポワティエへの移住だ。刑務所監視員だった父親がヴィボンヌ刑務所に配属されたため、通勤しやすいポワティエに家族とともに引っ越したペペは、地元ポワティエFCでついにアタッカーにコンバートされるのだ。以降、メキメキと頭角を現わしていった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ