【J1採点&寸評】神戸2-1松本|勝利の立役者は鮮やか先制弾のビジャ!高徳、西らも躍動

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2019年09月14日

神戸――サンペールと両ウイングバックが攻守に精力的に働く

【警告】神戸=なし 松本=なし
【退場】神戸=なし 松本=なし
【MAN OF THE MATCH】ダビド・ビジャ(神戸)

画像を見る

[J1リーグ26節]神戸2-1松本/9月14日/ノエビアスタジアム神戸

【チーム採点・寸評】
神戸 6.5
最後の失点はいただけないが、ほとんどのマッチアップを制し、多くの時間帯で主導権を握り続けた。力の差を見せつけ、残留争いから抜け出す大きな1勝を得た。

【神戸|採点・寸評】
GK
1 前川黛也 6
20節の横浜戦以来、約2か月ぶりのリーグ戦出場。ビルドアップの位置取りや安定感、終盤の失点など課題は残るものの、35分、86分のファインセーブは評価。

DF
4 トーマス・フェルマーレン 6.5
背後から激しくチェックにいき、アタッカーにほとんど仕事をさせず。試合を通して集中を切らすこともなかった。

25 大﨑玲央 6
終盤にマークが甘くなり、セルジーニョにゴールを献上するも、大きな身振り手振りを駆使して最終ラインをコントロール。常に周囲に気を配る、その姿勢はチームに安心感を与えていた。

33 ダンクレー 6
簡単にマークを外す場面も見られたが、大きなミスはなし。時折見せる鋭い縦パスも、得点につながらなかったとはいえ効果的だった。
 
MF
5 山口 蛍 6
スペースに顔を出してボールをテンポ良く捌いていたのは、地味ながら好印象。時に敵陣ペナルティエリアに走り込み、ゴールを狙った。

6 セルジ・サンペール 6.5
出足の鋭いプレッシングでピンチの芽を刈り取り、帰陣も素早い。とりわけ守備面での貢献が大きかった一方で、小川のゴールにつながったパスも見事だった。

16 古橋亨梧 6(71分OUT)
この日はインサイドハーフで出場すると、精力的にボールを引き出す。回数こそ少なかったが、自慢の快足ドリブルも迫力があった。

22 西 大伍 6.5
90分間冷静さを失うことなく、攻守に走り抜いた。極めつけは、胸トラップからアウトサイドで上げた絶品のクロス。

24 酒井高徳 6.5
リスクマネジメントはほぼパーフェクト。ほとんどの時間帯で相手を押し込み、ボールを持たれても、落ち着いて対応していた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ