大型補強でヴィッセル神戸はどう変わるのか?浦和戦で見えた確かな手応えと新たな悩み

カテゴリ:Jリーグ

白井邦彦

2019年08月18日

守備の安定が攻撃力を生む

イニエスタがペナルティエリアの角近くから仕掛ける場面が増えた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 守備の大型補強がヴィッセル神戸にもたらした効果は何か。3−0快勝の浦和レッズ戦で見えたのは、守備が安定すれば本来の攻撃力が蘇るという図式だった。

 それを紐解く前に、この夏の新加入選手をおさらいしておく。まずレバノン代表DFのジョアン・オマリが加入し、次に横浜F・マリノスのGK飯倉大樹、そして元バルセロナのCBトーマス・フェルマーレン、大分トリニータの藤本憲明と続き、最後にハンブルクの酒井高徳。

 いずれも完全移籍で、藤本以外はすべて守備の選手ということからも、今回の補強ポイントはJ1ワースト2位タイの失点数(39失点)を減らすこと。特に豊富な欧州でのキャリアを持つフェルマーレンと酒井の加入は大きかったと見ていい。
 
 浦和レッズ戦では新加入5人のうち、飯倉、フェルマーレン、酒井の3人が先発。オマリ、藤本の2人がベンチ。

 フォーメーションは3−5−2。3センターバックにはダンクレー、大﨑玲央、フェルマーレン。ワイドは右が西大伍、左が酒井。中盤は、アンカーにセルジ・サンペール、インサイドハーフの右に山口蛍、左にイニエスタという配置。そして2トップには田中順也と古橋亨梧が入った。
 
 試合は前半からヴィッセル神戸がゲームを支配した。最終ラインの3人プラス飯倉でボールを回しながら、サンペールが小気味のいい縦パスでリズムを作っていく。そして最後はイニエスタが決定的な仕事をする展開。

 サンペールは「(3−5−2の)このシステムになってから、前にアンドレス(イニエスタ)がいることで(相手の注意が彼に引きつけられ)自分は前を向いてプレーできるようになった」と振り返っている。

 これによって、イニエスタが引いてゲームを作る場面が減り、得意とするペナルティエリアの角近くから仕掛ける場面が増えた。この位置から正確なスルーパスが出せ、鋭いドリブルがあり、シュートまであるイニエスタは、相手にとって脅威だ。

 浦和レッズ戦では関根貴大と岩波拓也の2人を翻弄し、再三にわたってチャンスを演出した。言い換えれば、イニエスタがこの位置にいるヴィッセル神戸が本来の姿で、3−0という結果がそれを物語っている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ