【現地発】真価が問われるバイエルン監督やドルトムントの智将など――ブンデス全18チームの指揮官を徹底分析 PART1

カテゴリ:連載・コラム

中野吉之伴

2019年08月24日

バイエルンの8連覇か? それとも、他チームが阻止するのか

右上から下に、コバチ(バイエルン)、ローゼ(ボルシアMG)、グラスナー(ヴォルフスブルク)。左上からファーブル(ドルトムント)、ナーゲルスマン(RBライプツィヒ)、ボシュ(レバークーゼン)。 (C) Getty Images

画像を見る

 2019-20シーズンのブンデスが開幕した。各クラブ、それぞれの目的に向けて戦力を補強し、思惑通りのシーズンを送るために準備を重ねていたようだ。

 ただ、チームの戦績を左右するのは保有する選手の質と充実差だけではない。相手の力との戦力差を考慮したうえで戦い方を選択し、各々の力を引き出すための戦略を見つけ出さなければならない。監督の手腕は間違いなくカギとなる。

 そこで、今季ブンデスリーガで指揮をとる全クラブの監督について、それぞれの特徴を解説していこう。パート1では6チームを紹介する。

バイエルン(昨季優勝)
監督【ニコ・コバチ】
期待度:○

 昨季はバイエルン就任監督1年目でリーグとカップ戦の2冠獲得。この結果は大いに評価できる。自意識の高いスター選手ぞろいのチームをまとめ上げるのは簡単なことではない。選手起用や戦い方の折り合いをつけながらも、大事なところでは自分の意見を通し、チームとして成長させた点は高く評価されている。

 今季はよりコバチ色を出していきたいところだろう。プレシーズンでは連日のハードなトレーニングで選手を追い込むなど、フランクフルト監督時代の“らしさ”も出てきている。2年目となり、バイエルン監督としての立ち振る舞いに慣れてきた様子も窺える。

 また、戦術的にも変化がみられている。昨季以上に前線から積極的にボールを奪い、より攻撃的なサッカーを目指すようだ。課題は、ベンチワーク。選手交代でゲームを動かすことができないと、とくに強豪がひしめき合うチャンピオンズ・リーグ(CL)での上位進出は難しいだろう。
 
ドルトムント(昨季2位)
監督【リュシアン・ファーブル】
期待度:○

 昨季は彼にとって、そしてドルトムントにとってセンセーショナルなシーズンになるはずだった。ファーブルは期待通りの手腕を発揮し、魅力的なオフェンシブサッカーを展開。シーズン前半戦はブンデスを席巻した。細かくポジションを修正させながら、素早いパス交換とタイミングよく裏に抜け出すフリーランでの崩しは、相手にとって脅威となる武器となった。

 だが、相手チームが対策を講じ、ペナルティエリア付近で守備を固められると、それまでの迫力が薄れていった点は、今季の課題だろう。新戦力では、ドイツ代表SBニコ・シュルツに注目したい。1対1に強く、相手守備ラインの裏に抜け出すスピードがあるシュルツがいることで、ファーブルのアイデアは一層広がるはずだ。

 また、彼に必要なのは、チームがうまくいかない時期でも選手を自信づける、強力なパーソナリティだ。前任のユルゲン・クロップほどのものを求めるのは酷だが、特に若い選手は、監督からのポジティブで力強い声が局面を分かつこともある。モチベーターとしての手腕を発揮できるかが、鍵となりそうだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ