【現地発】「コバチ、大丈夫か?」 絶対王者バイエルンの開幕戦で見えた、ブンデス波乱の予兆

カテゴリ:連載・コラム

中野吉之伴

2019年08月21日

コバチが交代の手を打ったのは85分だった

昨季はドルトムントの勢いに負けたシーズン前半、解任論が囁かれた。だが、最終的には逆転優勝を決めている。 (C) Getty Images

画像を見る

 8月16日、2019-20ブンデスリーガが開幕した。

 そのオープニングマッチで、リーグ7連覇中のバイエルンはホームにヘルタ・ベルリンを迎えた。結果は2-2の引き分け。8シーズンぶりの開幕戦勝利をあげることはできなかった。内容的にも、ミスも絡んでの引き分けとあって、試合後のスタジアムの雰囲気はなんともいえないものだった。

 コバチ、大丈夫か。

 試合を見ての正直な印象だ。例えば、対戦相手のヘルタ監督アンテ・コビッチは試合開始時には3-5-2で臨んでいたが、うまく対応できていないとみると、前半途中から4-5-1に変更。チームのバランスは格段に良くなった。一方のコバチはほとんど動かず。引き分けたとはいえ同点ゴールはラッキーな形でのPKによるもの。負ける可能性も、十分にあった試合だ。

 試合後の記者会見で「後半、ほかに手立てはなかったか?」とドイツ人記者に聞かれると、コバチはこう明かした。

「出場した選手はいいプレーをしてくれた。セルジュ(・ニャブリ)も、トーマス(・ミュラー)も、得点につながるプレーを意識していたし、キンスリー(・コマン)はサイドから何度もしかけていた。交代の必要があると思っていなかったんだ。みんな勝つために全力でプレーをして、あらゆる手を試そうとしていたから」

 選手を庇うように聞こえるこのコメントを、戦力的にもそこまで優れていないチームの監督が言ったのなら理解できた。「全力で戦ったが負けた。戦力差もすごく大きい」とファンも納得するだろう。

 あるいは「プレシーズンに追い込んだのでまだコンディションが高まっていない」という理由や、「我々はチャンピオンとしてどんな試合でも誇り高く真っ向から切り込んでいく。そしてどんな守備でも打ち砕く。ただ今日は相手も素晴らしい守備を見せていた」という美学に基づく話だったら、少なからず確かにそうだなと思うだろう。

 だが、ブンデスリーガの盟主であるバイエルンが勝つために全力でプレーした結果、あらゆる手を試そうとしてなお、打開する手だてを見つけられなかったとなると、それは問題ではないだろうか。もちろんメディアの前での声が本音のすべてというわけではないので、コバチ本人が実際、どう受け止めているかは分からない。

 とはいえ、他に何か手の打ちようもあったのではないかとも思うのだ。例えば、ヘルタ戦であれば、バイエルンは後半、ゴール前を固めるヘルタの守備に苦戦していた。相手の最終ラインの前のスペースでパスを受けて変化をつけるプレーがほとんどなかった。

 ならば、それができる選手をそのポジションで起用することもできたのではないか。ジェローム・ボアテングを途中出場させ、そうしたプレーこそがいきるチアゴ・アルカンタラをトップ下にあげて、バランス能力に長けたヨシュア・キミッヒをボランチに、タテへの推進力を持つバンジャマン・パバールを右SBに回す。そんな起用法があってもいいのではないか。

 実際のところ、コバチが最初の交代カードを切ったのは85分だった。ミュラーに代えてレナト・サンチェスを投入。ピッチ上で変化も生まれない。サンチェスは5分間の出場では何もすることができず、試合終了と同時に控室に戻るとすぐに着替えてスタジアムを後にしようとしていた。ミックスゾーンでは移籍志願を改めて口にし、明らかな起用法への不満を明かしていた。

 この日、バルセロナからフェリッペ・コウチーニョをレンタルでの獲得で合意というニュースが流れたため、試合の内容と結果は何となく煙に巻かれた格好になってしまった。たしかにコウチーニョ加入はビックニュースで、先日発表されたクロアチア代表ペリシッチ獲得と合わせて、選手層を厚くする喜ばしいニュースだ。

 しかし、それだけで本当に大丈夫なのだろうか。根本的な基盤が欠けているのではないだろうか。そんな懸念が頭をよぎった。
 
 ひょっとしたら、昨季に続き、今季のブンデスリーガも混戦になるかもしれない。他クラブのファンにとっては、その方が盛り上がるので大歓迎だろうけれど。

取材・文●中野吉之伴(なかのきちのすけ)

プロフィール/
ドイツサッカー協会公認A級ライセンスを保持する現役育成指導者。執筆では現場での経験を生かした論理的分析が得意で、特に育成・グラスルーツサッカーのスペシャリスト。著書に「サッカー年代別トレーニングの教科書」「ドイツの子どもは審判なしでサッカーをする」。WEBマガジン「中野吉之伴 子どもと育つ」(https://www.targma.jp/kichi-maga/)を運営中。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月5日発売
    己の価値を証明せよ!!
    2019-2020シーズン版
    必見タレントFILE
    夏の大物移籍の舞台裏も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ