【J1採点&寸評】横浜0-1清水|横浜は攻守の要を同時に失った影響が大きく…MOMは決勝点の清水MF西澤!

カテゴリ:Jリーグ

藤井雅彦

2019年08月04日

横浜ーー失点シーンは絶対にストップ不可能な類ではなかったが…

【警告】横浜=なし 清水=松原后(93分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】西澤健太(清水)

画像を見る

【チーム採点・寸評】
横浜 5.5
エジガル・ジュニオとチアゴ・マルチンスという攻守の要を同時に失った影響はやはり大きかった。清水の粘り強い守備を最後まで崩し切れず、連勝は3でストップ。E・ジュニオ不在は続くだけに次節以降にも不安を残す内容となった。
 
【横浜|採点・寸評】
GK
1 朴 一圭 5.5

守備範囲の広く最終ライン背後のスペースをカバー。ただし失点シーンは絶対にストップ不可能な類ではなかった。
 
DF
18 広瀬陸斗 5.5

普段に比べるとプレーエリアはやや狭かった印象。どちらかいうとタッチライン際でボールを受ける回数が多かった。
 
15 伊藤槙人 5
J1先発デビューで勝利ならず。横浜のスタイルに適応するには時間が必要で、対戦したドウグラスも強敵だった。

44 畠中槙之輔 5
失点時はボールロストを想定することができずラインアップを怠った。カバーリングも間に合わず、手痛いミスに。
 
5 ティーラトン 5.5
反対サイドの広瀬同様、この日はタッチライン際でのプレー機会が多かった。相手の目先を変える意味ではインサイドに入る回数を増やす手もあっただけに判断が難しい。その結果、中央で守備ブロックを作る清水ディフェンスをなかなか崩せず、単調なボール回しが多かった。一方、守備ではファイティングスピリット溢れるプレーを見せた。

MF
6 扇原貴宏 5(64分OUT)

無難なつなぎが多く、戦況を変えられなかった。ビハインドの展開だからといって交代するのも満足ではないはず。
 
8 喜田拓也 5.5
相手のプレスを巧みにかわしてボールを配球。中盤でのパフォーマンスは悪くなかっただけに、シュート意識を高めたい。
【関連記事】
【横浜】国際舞台で豪快な一発を叩き込んだ技巧派レフティ三好康児の“右足”の精度は?
清水が“カカ2世”と呼ばれていたブラジル人FWを獲得! 2012年には鹿島でもプレー
マンCの名手デ・ブルイネは横浜の“フットボール”をどう見た? 「ここまで厳しいチームとは…」
清水が守備再建の一手!福岡から吉本一謙を完全移籍で獲得「チャントを聞けることを楽しみにしています」
2019年夏・J1&J2移籍動向一覧

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト 最終登録メンバーを網羅!
    11月18日発売
    最終確定版!!
    カタール・ワールドカップ
    出場32か国
    選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ