【横浜】腕章にその想いを託して――苦楽をともにしてきた天野純と喜田拓也の固い絆

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年07月09日

寂しさはあるけれど…

念願の欧州移籍を叶えた天野(左)。喜田(右)は「F・マリノスを背負ってやってきてほしい」とエールを送る。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 今季の横浜F・マリノスのキャプテンには、扇原貴宏、天野純、喜田拓也の3人が就任した。そのうちのひとりである天野が今夏、かねてからの夢だった欧州移籍を叶える。1年間の期限付き移籍でベルギーのスポルティング・ロケレンへと旅立った。
 
 移籍前のラストマッチとなったJ1リーグ第18節のホーム大分戦に、天野は先発フル出場。ダブルボランチの一角として攻守に奮闘し、1-0の勝利に貢献した。
 
 試合後の壮行セレモニーでは「行ってきます!」と笑顔を見せていた天野の海外挑戦について、同じキャプテンの喜田に聞いてみる。第一声は「うーん……やっぱり、仲間としては寂しいですよ」。それは嘘偽りのない、正直な気持ちなのだろう。
 
 ともに横浜の下部組織出身。喜田は2013年に横浜ユースからトップ昇格。1年後、横浜ユースから順天堂大に進学していた天野が大卒ルーキーとして加入する。それからの数年間、ふたりはチームメイトとして苦楽をともにしてきた。天野は以前、「試合に出られない時期、キー坊(喜田)とよくランニングしていた」と語っていたことがある。それを喜田に伝えると、そうそう、といった具合にうなずく。
 
「自分は2年目ぐらいまで全然(試合に)出られなくて、純君も同じような状況で、境遇が似ていたんですよね。メンバー外の練習も一緒にたくさんやって、みんなが帰った後、筋トレも一緒にやったし。そんな自分たちが今年は、F・マリノスのキャプテンに指名してもらって、そこは当然、感じるところはあるし、純君がどんな想いで、今年だけでなく、ずっとやってきたかは分かっているつもりでいるので」
 
 だからこそ、寂しさと同じぐらい、応援したい気持ちでいっぱいだ。
 
「寂しさはあるけど、純君の(サッカーに対する)姿勢や、夢も聞かせてもらっていた身としては、チャレンジしてほしいと思った。だから、思いとどまらせるつもりは一切なかったし、移籍するからには心おきなく行ってほしかった」
 
 今季から伝統の「10番」を背負うキャプテンが、シーズン途中に優勝争いに絡むクラブを離れる。天野にとっては苦渋の決断だったはずだが、喜田はどこか嬉しそうでもある。
 
「今いるチームメイトやスタッフを信頼して、旅立ってくれると思う。それは嬉しいこと。そういう信頼関係がある。純君も、僕らに託してくれた。だから行くからには、F・マリノスを背負ってやってきてほしい」

【横浜Fマリノス PHOTO】大分を下し、2位に浮上した横浜!新加入選手も加えてのハードな練習で体力強化!

【天野純 PHOTO】横浜に虹をかけてJ1通算100試合出場!ベルギーのロケレンへの移籍が決まった天野の厳選PHOTO!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ