【横浜】悔しければ悔しいほど――コパ・アメリカ落選の遠藤渓太の偽らざる心境

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2019年05月28日

「それが結局、オリンピックにつながると思う」

横浜の不動の左ウイングとして奮闘を続ける遠藤。コパ・アメリカ落選の悔しさも原動力に、さらなる成長を誓う。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 6月14日からブラジルで開催されるコパ・アメリカに、日本代表は招待国として出場する。そのメンバー発表があった当日、編集部の後輩で東京五輪担当からLINEが届く。
 
『トゥーロンに引っ掛からなかったので、期待してましたが。残念』
 
 来年の東京五輪に挑むU-22代表は、同1日から始まるフランスでのトゥーロン国際大会に参戦する。そのメンバーリストにも、横浜F・マリノスの遠藤渓太の名前はなかった。
 
 コパ・アメリカを戦う森保ジャパンは、以前から噂されていたとおり、東京五輪世代中心の編成となった。U-22代表の常連でもある遠藤は有力な候補者のひとりで、“A代表初選出”が期待されたが、残念ながら選外に。つい先日、連れ立って遠藤のインタビュー取材でじっくりと話しを聞いていた後輩は、ことのほか残念がった。
 
「若い世代が入るみたいな、いろんな話を聞いていました。選ばれなかったのは、もちろん悔しいです。でも、なんていうのかな……ブラジルに行く人たちが活躍すれば、もっと悔しいと思う。だから、みんなには活躍してほしい」
 
 日本代表の躍進を、同世代の仲間たちの活躍を、遠藤は楽しみにしている。それを見て、妬んだり、ひがんだりはしない。悔しさは、自身の成長の糧になることを知っているからだ。
 
 目の前の現実をポジティブに受け止めて、前を向く。自らに言い聞かせるように「その悔しさが自分の力になれば一番いい」と話した後、「まあ、本当に……もちろん、悔しいですけどね」と少しだけ声のトーンを落として、言葉を絞り出す姿が印象的だった。
 
 横浜からは、同じ97年生まれの三好康児が選ばれた。A代表初選出だ。気心の知れた仲の良いチームメイトに先を越されたが、自分はこれまでと変わらず、まずはクラブで結果を残すことに努め、アピールするだけだ。
 
「しっかりやれている選手が選ばれる環境にあるから、見ている人は見てくれていると思う。(代表に)選ばれなかったぶん、マリノスで出られる試合が増えましたし」
 
 遠藤は「悔しさを力に変えて」と繰り返す。「それが結局、オリンピックにつながると思う」から。目先の事象にとらわれず、掲げた目標を見失わず、そこに至るプロセスを一つひとつ、しっかりと踏みしめながら、着実にステップアップを遂げていく。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【毎節恒例】「突撃SDカメラマン」今節のJリーグを盛り上げたサポーター特集!~J1第13節J2第15節編~

【横浜FM 4-0 磐田 PHOTO】横浜が磐田の守備を切り裂き4得点の快勝。今日のゴールパフォは・・・?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ