【J1採点&寸評】横浜1-0松本|勝負を決めたE・ジュニオと大津を高く評価!松本は粘り強く守ったが攻撃陣は…

カテゴリ:Jリーグ

藤井雅彦

2019年06月22日

横浜――喜田には主力の風格が漂う

【警告】横浜=和田(76分) 松本=田中(90+3分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】エジガル・ジュニオ(横浜)

画像を見る

[J1リーグ16節]横浜1-0松本/6月22日(土)/日産スタジアム

【チーム採点・寸評】
横浜 6
前半のチャンスを決め切れずスコアレスで折り返した後半はややトーンダウン。M・ジュニオールを出場停止で欠いたこともあって決め手がなかった。ホームでしっかり勝点3を手にしたのは大きいが、課題を残す試合でもあった。
 
【横浜|採点・寸評】
GK
1 朴一圭 6
クロスボールに対して味方のT・マルチンスと交錯したのは反省材料。それ以外の場面では安定感あるパフォーマンスを見せた。
 
DF
33 和田拓也 6
前線の選手を見ながら空いたスペースでボール回しに参加。36分の決定機は相手DFをかわすためにコースを狙い過ぎたか。
 
13 チアゴ・マルチンス 6
背後のスペースを突かれたシーンでは抜群のスプリント能力が生きる。欲を言えばセットプレーで脅威を与えたかった。
 

44 畠中槙之輔 6
守備は被カウンターのリスク管理が主な仕事。攻撃では持ち前の鋭い縦パスが数えるほどで、無難な球出しが多かった。
 
5 ティーラトン 6
中盤の形がワンボランチになったことでインサイド寄りにポジションを取る回数が増え、360度の視野を求められる状況になるなか、高いテクニックとパス能力を発揮。守備でも被カウンターの場面で自陣までスプリントするなどハードワークが際立った。時折見せる軽いプレーが玉に瑕だが、横浜の特異な戦術にすっかりフィットしている。
 
MF
8 喜田拓也 6.5
的確なターンから鋭い縦パスでチャンスメーク。天野と山田を高い位置に押し上げる配慮もさすがで、軸としての風格すら漂う。
 
10 天野 純 6
序盤は決定機を演出する好パスとバー直撃のFKで存在感。しかし後半は位置取りが低くなり、前半ほどチャンスを作れず。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ