【英国人記者の目】英国のファンはCL決勝でトッテナムの勝利を願っている。なぜなら…

カテゴリ:連載・コラム

スティーブ・マッケンジー

2019年06月01日

プレミア対決を喜んでいるわけでもない

ポチェッティーノか、クロップか。どちらがCLを制覇するのだろうか。(C) Getty Images

画像を見る

 世界のほとんどの国では、同胞が成功を収めれば、幸せを感じるものだ。

 だが、イングランドにおいてその定義は当てはまらない。同郷であろうとも他人の成功は面白くない。最もその定義が適用されるのが、フットボールだ。

 今年のプレミアリーグは、リバプールとマンチェスター・シティの一騎打ちだった。だが、フットボールファンの間では後者の優勝を願っている人たちが多かった。熱望しているというほどではなかったが、それよりも「リバプールに優勝してほしくない」と感じる人々のほうが大多数を占めていたのだ。

 今シーズンのリバプールはとても調子が良く、もしも、ひとつもタイトルを手にできないとなれば非常に悔やまれる結果となるだろう(シティがあれほど傑出した存在でなければ、とっくにリーグを制覇していただろうが…)。

 現時点で、英国内での決勝に対するスタンスは、フットボールファンの間で見事に分かれている。

 北部のファンたちはリバプールに近いものの、戴冠を望まない彼らはトッテナムを応援している。かたや南部のファンは、トッテナムの本拠地ロンドンが近いものの、彼らを嫌って、リバプールを後押ししている。ただ、こうした矛盾を包括してこそ、イングランドであると言えるだろう。

 だが、その気風はチャンピオンズ・リーグ(CL)にも適用された。リバプールの優勝よりも、トッテナムの初制覇を望む人たちが多いのだ。

 それはなぜか? ファンの間に流れるこのネガティブな感情が、すべて向けられているとは思わないが、リバプール・ファンとフットボールの文化には因縁がある。

 往々にして、リバプールのサポーターは、自チームの能力に対して傲慢になる一面がある。このことを簡単に飲み込むことのできる、分かりやすい例を紹介しよう。

 1970年代から1980年の初頭にかけて、リバプールは並外れたパワーで他を圧倒していた。サポーターは“今でも”得意げにこの時のことを誇り、語り継いでは、他クラブを愛する者たちからひんしゅくを買うことが少なくないのだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ