デル・ピエロにCL決勝のキーマンを直撃!「サラーでもケインでもなく…」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月31日

サラーは欧州サッカー界の「真珠」

95-96シーズンにユーベでビックイヤーを掲げているデル・ピエロ。今回のCL決勝のキープレーヤーに挙げたのは?(C)Getty Images

画像を見る

 6月1日(現地時間)に開催される、チャンピオンズ・リーグ(CL)決勝のキックオフがいよいよ近づいてきた。

 リバプール対トッテナム。11年ぶりのプレミアリーグ勢対決となったこの一戦を、CLのTV解説を務めているユベントスのレジェンド、アレッサンドロ・デル・ピエロはどう見ているのか? そのパフォーマンスが勝敗を左右する「キーマン」について直撃した。

―――◆―――◆―――

 やはり、もっとも注目を集めるのはモハメド・サラーとハリー・ケインの両エースだろう。ふたりともヨーロッパの10本の指に入る選手だ。

 リバプールのサラーは、ここ数年の欧州サッカー界の「真珠」だと思っている。昨シーズンはCL決勝で負傷交代を余儀なくされただけに、この試合への思い入れはひとしおだろう。なにしろ、あの忌々しい怪我がなく、ファイナルで活躍していれば、バロンドールを手にしていてもおかしくなかった。

 あの故障は、その後のロシア・ワールドカップにまで影響してしまい、さぞ無念だったことだろう。その分、今回は何かスペシャルなプレーを見せてくれることに期待している。彼から目を離さないほうがいいだろう。
 
  トッテナムのケインも今シーズンは怪我に泣かされた。重要な一戦にほとんど彼の姿はなかった。その穴をカバーしようと、チームメイトたちは最高の力を出して、何とかここまで辿り着いた。エースがいれば、もう少し余裕を持った戦い方ができていたかもしれない。

  決勝には間に合う見込みだ。ケインなしでも、スパーズは素晴らしい戦いを見せてきた。しかし、リバプールの安定した守備を打ち破るには、このストライカーの存在は欠かせない。

  もっとも、僕は勝敗を左右する「キーマン」は、ロベルト・フィルミーノ(リバプール)とクリスティアン・エリクセン(トッテナム)ではないかと見ている。このチャンスメーカーが本領を発揮できたほうのチームが、ビッグイヤーを手に入れるのではないだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ