「劇的ゴールで勝つのは…」リバプールとトッテナムの現地英国人ファンにパブで訊いたCL決勝予想!

カテゴリ:メガクラブ

竹山友陽

2019年06月01日

マドリードへ車で旅立つ二人の熱狂的なサポーター

ポチェッティーノ(左)とクロップ(右)。ともに勝てば、キャリア初のビッグイヤー獲得だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 今シーズンの欧州サッカーを締めくくるビッグマッチとなるチャンピオンズ・リーグ(CL)の決勝が現地時間6月1日(日本時間6月2日 4:00)にキックオフされる。

 準決勝で、ともに3点差をひっくり返すドラマチックな逆転劇を演じてきたトッテナムとリバプールによる大一番は、CLでは2007-08シーズン以来のイングランド勢同士の顔合わせだけに大きな注目を集めている。

 そんな激戦必至の一戦を前にイングランドから決戦の地マドリードに出発する両チームのサポーターの声を聞いた。ダンカン・エバンスさんとトム・レイノルドさんだ。

「カンプ・ノウでの第1レグで完敗し、ホームでバルサに4−0で勝たないといけない。それはもう実現不可能なことだと思っていた。僕だけでなく、周りのリバプール・ファンもそう思っていたはずだよ。だからこそ、アンフィールドでの逆転劇はアンビリーバブルな一夜だった」と語るのはロンドン在住のリバプール・ファンであるダンカンさんだ。

 ダンカンさんは、英7部リーグのレザーヘッドというクラブで、ディレクターを務めながらも、リバプール愛を公言。少年時代から弟と一緒になって追いかけてきた生粋のファンだ。

 一方、ダンカンさんの長年の親友であるトム・レイノルドさんは、筋金入りのトッテナム・サポーター。そんな両氏は友人を含めた4人で、ロンドンからマドリードまでの約1日を車によるドライブで向かうという。
 マドリードへの航空代や宿泊費はかなり高騰しており、イングランドから車で向かう両チームのサポーターたちの様子は連日ニュースで伝えられている。そんななかで、トムさんたちは、チケットをあらゆる知り合いに連絡をとり、何とか手にして、ロングドライブを決断したのである。

 そんなトムさんは、「すごい体験だった」と愛するスパーズの決勝までの勝ち上がり方を誇らしげに語る。その言葉からはマウリシオ・ポチェティーノ監督に対するリスペクトを感じ取ることができた。

「準々決勝でのマンチェスター・シティ戦では最後にVARがあったり、とにかく激闘ばっかりだったから、それ以上の経験はないと思っていたけれど、アヤックスとの準決勝も凄かった。とくに第2レグの後半は、ずっと目を覆いながら見ていた。こんなにも感情を揺さぶられるとは思わなかった。

 ポチェティーノの偉業はもっと評価されてもいいだろう。プレミアリーグでは来シーズンのCL出場権を確保しているし、新スタジアムの完成が遅れて本当のホームじゃないウェンブリーでも勝ち抜いてきた。何よりも限られた予算の中で選手を獲得することもなく、言い訳せずにチャレンジを続けて、CLのファイナルにいるんだよ! これは凄まじいことだ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ