【現地発】惨敗に終わった本田圭佑の"Aリーグ最終戦"。史上最大の敗北の現場で何が起きたのか

カテゴリ:海外日本人

植松久隆

2019年05月13日

ビクトリーは、得点を重ねるシドニーFCに為す術がなく敗れた

Aリーグ最終戦は、まさかの大敗。「タイトルを獲る」という"公約"は果たせなかった。(C)Getty Images

画像を見る

 本田圭佑のAリーグ挑戦に、誰もが思ってもいなかった形でピリオドが打たれた。
 
 正確には、22日に予定されるACL広島戦が残ってはいるが、すでに敗退が決まっている消化試合だけに、本田がその試合を欠場する可能性もある。いずれにしても、今季限りでのメルボルン・ビクトリー退団を示唆している本田のAリーグ公式戦での勇姿は、このセミファイナルでの敗戦で最後となった。今回のショッキングな敗戦は、これまで多くの有言実行を成し遂げてきた本田にとって「タイトルを獲る」という“公約”の未達の確定ともなってしまった。

 12日夜、Aリーグ随一の伝統の一戦“ビッグ・ブルー”シドニーFC対メルボルン・ビクトリーの顔合わせとなった、セミファイナルの会場は、シドニー南郊のジュビリー・スタジアム。改装中で使用できないシドニーFCの本拠地アライアンツ・スタジアムの代わりに使われた、ごく普通の街中に建つローカル感あふれるスタジアムは、バックグランドやバックスタンドの一部は芝生席で普段はどこか牧歌的な雰囲気も漂う。しかし、この日は熱心なシドニーFCサポーターを中心に1万4000人が詰めかけ、ファイナルに相応しい雰囲気が醸成された。

 Jリーグの試合開催基準を到底満たさないスタジアムでシーズンの掉尾を飾るファイナルシリーズの大事な一戦、しかも、Aリーグ屈指の好カードが行なわれるのは、まさに今のAリーグの有り様を象徴的に表しているが、このあたりは世界基準を知る本田はどう感じたろうか。
 
 それでも、このスタジアムは、ラグビーとの併用が多いこの国では他に余り無いレベルで芝がきちんと整備されていることで選手にも高い評価を受けており、その辺が代替スタジアムとして選ばれた所以だろう。そうなれば、旧知のカメラマンが教えてくれた、ピッチが緩やかながら全体的に片方のサイドに向けて沈んでいるのなどは愛嬌の内だ。
 
 さて、その試合内容はというと、6-1、言わずもがなのホームのシドニーFCの快勝。得点の経緯などの詳細は、すでに先行の記事に詳しいので、詳述は避ける。そのスコアを見ただけでわかる通り、本田とビクトリーにとっては、想定外の惨敗だ。ビクトリーは、得点を重ねるシドニーFCに為す術がなく敗れたと書いても間違いはない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ