「アリガトウ、オカザキサン!」レスターの伝説FWリネカーが“最終戦”を迎えた岡崎慎司に熱きメッセージを贈る

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月13日

チェルシー戦で途中出場したサムライ戦士に賛辞

試合後、笑顔でファンに別れを告げた岡崎。スタンドからも惜しみない拍手が送られた。 (C) Getty Images

画像を見る

 今シーズン限りでレスターに別れを告げるサムライ戦士に、レジェンドから賛辞が送られた。

 現地5月12日にプレミアリーグの最終節が行なわれ、ホームにチェルシーを迎えたレスターは、強敵と一進一退の攻防戦の末にスコアレスドローでシーズンを締めくくった。

 今シーズンを最後に4年に渡ってプレーしたレスターを退団することを発表していた日本代表FW岡崎慎司は、66分にナイジェリア代表MFのウィルフレッド・ディディに代わってピッチに立った。

 岡崎は、得点こそならなかったものの、持ち前のハードワークで献身的なパフォーマンスを披露。完封に少なくない貢献を果たした。

 入団1年目の2015-16シーズンに、奇跡のプレミアリーグ制覇を果たした際のメインキャストでもある岡崎。それだけに、クラブのレジェンドからも惜しみない賛辞が寄せられている。送り主は、元イングランド代表FWのガリー・リネカーだ。
 
 1980年代にレスターで活躍し、現在は英公共放送『BBC』などでコメンテーターを務めるレスターのレジェンドは、岡崎が投入される際に自身のツイッターを更新。次のような熱きメッセージを綴った。

「シンジ・オカザキがレスターに別れを告げる。クラブにとって偉大な働き者であり、タイトルを獲った時には必要不可欠な存在だった。アリガトウ、オカザキサン」

 レスターでのラストイヤーは、出場機会が激減し、リーグ戦21試合で無得点と結果を残すことができなかった。納得のいく別れ方ではなかったかもしれない。しかし、「ミラクル・レスター」と称えられたチームで岡崎が残した功績は、クラブのレジェンドやファンの魂を十分に揺さぶったに違いない。

 そんなサムライストライカーの次なる活躍の舞台は一体どこになるのか? スペインやイタリア、トルコなど、様々な噂が飛び交っている去就の行方に注目したい。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月13日号
    5月23日発売
    2019年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    中盤戦「必勝プラン」
    浦和ダイジェストも必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ