【J1採点&寸評】名古屋 2-0 浦和|強烈先制弾のマテウスがインパクト抜群の活躍!ACLから中4日の浦和は…

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年05月12日

名古屋――ランゲラックは終盤にファインセーブ

【警告】名古屋=なし 浦和=柏木(47分)、武藤(59分)、荻原(89分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】マテウス(名古屋)

画像を見る

[J111節]名古屋2-0浦和/5月10日/豊田ス

【チーム採点・寸評】
名古屋 7
序盤から持ち前のパスワークで浦和を押し込むと、前半で2点のリードに成功。後半はしっかりゲームをコントロールし、ホームでの無失点、連勝記録を更新した。風間監督も「良い試合だった」と振り返ったように会心の勝利となった。

【採点・寸評】
GK
1 ランゲラック 7
83分には興梠のシュートをファインセーブ! ホームでの無失点記録継続に大きく寄与した。
 
DF
6 宮原和也 6.5
左SBの吉田とともに高い位置をキープ。右からの攻撃をサポートし、41分には山中に空中戦で競り勝ってジョーのゴールをアシストした。
 
20 中谷進之介 6.5
ボールへの寄せが非常に速く、浦和のカウンターの芽を摘んだ。パスカット後は積極的なオーバーラップも見せた。
 
 
17 丸山祐市 6.5
中谷と協力しながらゴール前に高い壁を築いた。決定機にはつながらずとも、自慢のフィードで前線にボールを供給した。
 
23 吉田 豊 6.5
豊富な運動量を活かしてフリーランを繰り返し、浦和の最終ラインを押し下げた。守備面も含め貢献度は非常に高かった。
 
MF
10 ガブリエル・シャビエル 6.590OUT
高いキープ力とパス精度で攻撃を牽引。ジョーのゴールの起点にもなるなど、浦和守備陣を翻弄した。
 
2 米本拓司 6.5
パスを的確に散らしながら、機を見て自らも仕掛けた。球際の競り合いでもよく戦い、時間を経るごとにパスカットの回数も増えた。最後まで脚力が落ちなかったのは素晴らしい。
  
【名古屋ブラジル人四銃士 PHOTO】高い個人技とコンビネーションを駆使し名古屋を勝利へと導く

【名古屋 2-0 浦和 PHOTO】名古屋が攻守に渡ってハイレベルなサッカーを展開
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ