【J1採点&寸評】G大阪0-0FC東京|久保建英には警告覚悟のプレーも。元指揮官を前にガンバが粘りの守備でドロー!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月06日

G大阪――粘り強い守備で対抗! キム・ヨングォンの身を挺したブロックが活きる

【警告】G大阪=オ・ジェソク(37分)、高(45分)、菅沼(76分)、キム・ヨングォン(90+1分) FC東京=髙萩(50分)、橋本(51分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】林 彰洋(FC東京)

画像を見る

[J1リーグ10節]G大阪0-0FC東京/5月4日(土)/パナスタ
 
【チーム採点・寸評】
G大阪 6
かつての指揮官を前に、チームに欠けていた球際の激しさなどを取り戻した。前半はサイドで優位に立つも、点は取りきれなかったが、後半は粘り強い守備で対抗。課題の守備改善に光明が見えた。

 
【G大阪|採点・寸評】
GK
1 東口順昭 6
後半は枠内シュートで脅かされるも、キャッチング、セーブともに安定。キックはやや精度を欠き、何度かミスがあったが、後半もDFラインと上手く連携し無失点で食い止めた。
 
DF
14 米倉恒貴 6
前半、課題の守備で一度は太田に裏を突かれてピンチを招いたが、球際の激しさでチームに勢いをもたらした。後半は再三、攻撃参加で太田を押し込み、チャンスを演出した。
 
13 菅沼駿哉 6
ディエゴ・オリヴェイラにもしっかりと対応。派手さはなかったがキム・ヨングォンとの息のあったプレーを見せた。永井とのスピード勝負でも臆することなく、しっかりと封じた。
 
19 キム・ヨングォン 6.5
前半、相手に最初に許した危険なシーンでディエゴ・オリヴェイラのシュートに身体を投げ出してストップ。対人の強さだけでなく、読みの良さでも最終ラインの危険地帯カバー。
 
22 オ・ジェソク 5.5
久保のドリブルに手こずり、一度は警告を受けたが、線引きのうまさはさすがで破綻はせず。ただ、攻撃に関してはほとんど貢献がなく、アデミウソンのサポートに回れなかった。
 
MF
7 遠藤保仁 6
前節の先発落ちの悔しさをプレーで体現した。ギャップに上手く顔を出し、攻撃を牽引したが際立ったのはキックの鋭さ。林を脅かすシュートを放ったり、効果的なプレーを繰り出した。
 
8 小野瀬康介 5.5
前半は中央にも進出し、パスワークに彩りをつけたが決定的なシュートは放てず。後半は、米倉と上手く太田のサイドを攻略し、仕掛ける姿勢も強かったが、最後のプレーの精度がやや低かった。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ