【J1採点&寸評】C大阪0-0大分|好セーブの守護神を評価! 3戦連続無得点のセレッソで奮闘したのは…

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2019年04月27日

C大阪――奥埜がチームに落ち着きをもたらす

【警告】C大阪=なし 大分=なし
【退場】C大阪=なし 大分=なし
【MAN OF THE MATCH】高木 駿(大分)

画像を見る

[J1リーグ9節]C大阪0-0大分/4月27日/ヤンマースタジアム長居
 
【チーム採点・寸評】
C大阪 5.5
立ち上がりは良いリズムでボールを回して相手ゴールに迫ったが、徐々にトーンダウンしていった。リーグ3試合連続でノーゴールと苦しみが続いている。
 
【C大阪|採点・寸評】
GK
21 キム・ジンヒョン 6.5
危険なシーンはほとんどなく、90分を落ち着いて過ごした。65分の藤本の反転シュートも難なく止めてみせた。
 
DF
3 木本恭生 6
シャドーの抜け出しに惑わされることなく対処。クロスの精度を欠くこともあったが、肝心の守備はそつなくこなしてみせた。
 
16 片山瑛一 6.5
65分に自陣でボールを奪われたのは反省材料。ただリスクマネジメントを意識しながら、時に豪快なオーバーラップで攻撃に貢献した。
 
22 マテイ・ヨニッチ 6.5
藤本の動きを常に気に掛けつつうまくラインをコントロールし、チームを完封に導いた。67分のFKでは、ヘディングでゴールを狙った。
 
23 山下達也 6
出足の素早いタックルで激しく相手にぶつかり勢いを削いだ。マークを外す場面も見受けられたが、決定機は作らせず。
 
MF
2 松田 陸 5.5(78分OUT)
取りどころと見れば果敢にインターセプトを狙った一方で、攻撃では迫力を欠いた。オーバーラップがもっと見たかった。

6 レアンドロ・デサバト 5.5
相手の中盤と前線に位置取り縦パスを入れさせなかった守備は、地味ながらも効果的。ただチャンスメイクの点では不満が残る。

25 奥埜博亮 7
スペースを素早く埋めて相手のパスコースを遮断すれば、的確にパスを捌いて、攻撃のリズムを生み出す。中盤で奮闘し、チームに落ち着きをもたらしていた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ