• トップ
  • ニュース一覧
  • 【J1採点&寸評】浦和1-0神戸|浦和守備陣が好パフォーマンス。3連敗の神戸では3人が健闘

【J1採点&寸評】浦和1-0神戸|浦和守備陣が好パフォーマンス。3連敗の神戸では3人が健闘

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2019年04月20日

浦和――守備陣の出来は良好

【警告】浦和=山中(87分) 神戸=ダンクレー(8分)、サンペール(17分)
【退場】浦和=なし 神戸=なし
【MAN OF THE MATCH】西川周作(浦和)

画像を見る

[J1リーグ8節]浦和1-0神戸/4月20日/埼玉スタジアム2002
 
【チーム採点・寸評】
浦和 6
前半早々にPKで先制点を決めると、その後は慎重に試合を運ぶ。追加点を奪えない攻め手のなさは課題だが、終盤には5-4-1のブロックを築いて逃げ切った点は評価。
 
【浦和|採点・寸評】
GK
MAN OF THE MATCH
1 西川周作 7
危険を感じたのはウェリントンへのクロスやセットプレーくらい。その他はおおむね安定してシュートを弾いていた。
 
DF
2 マウリシオ 6.5
冷静に最終ラインをコントロールし、屈強なウェリントンや抜け出しを狙う田中にも的確に対応。最後まで相手の攻撃陣を抑え続けた。
 
5 槙野智章 6.5
気合いの入ったタックルは相変わらず素晴らしい。要所で相手の攻撃を潰し、シュートチャンスまで運ばせなかった。
 
46 森脇良太 6
古橋に度々かわされた橋岡のカバーリングは素早く、役割はこなした。時にマークを外すシーンも見受けられたが、十分に及第点。
 

MF
6 山中亮輔 6
やはり左サイドの高い位置でボールを持った時の期待感は大きい。この日は決定的な働きはできなかったが、26歳の誕生日を勝利で飾った。
 
8 エヴェルトン 5.5(57分OUT)
素早いチェックで中盤からの決定的なパスを出させなかった。一方で攻撃ではなかなかボールに絡めず、迫力を欠いた。後半途中に負傷交代。
 
10 柏木陽介 5.5(71分OUT)
何度か決定機を創出していたものの、本来のパスセンスを考えれば、まだ物足りない。ボールホルダーへの寄せの遅さも気になった。
 
16 青木拓矢 6
ルーズボールにいち早く反応して回収すると、すかさず味方につなげてスムーズに攻守を転換した。慎重なスタンスで完封に貢献。
 
27 橋岡大樹 5.5(57分OUT)
豪快に右サイドを駆け上がって攻撃を活性化するも、守備では古橋についていけずに何度もピンチを招いた。U-20ワールドカップが近いため、怪我が心配。
【関連記事】
【セルジオ越後】絶えないJの誤審… 審判にもっと「高い給料」と「厳しい処分」を設定しては?
監督交代に揺れる神戸…3連敗に吉田新監督は「どうやって点を取るかが今後の課題」
神戸ポドルスキ、主将退任に次いで意味深なメッセージを発信「他人に誠実に接することのできないような人間が…」
「もう彼はキャプテンではない!」ポドルスキの突然の“退任”に母国メディア衝撃
【美女チア】ちばりよ~笑顔咲き誇る2019年の『琉球BOMBERZ』を一挙紹介!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ