「もう彼はキャプテンではない!」ポドルスキの突然の“退任”に母国メディア衝撃

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月18日

キャプテンの座を降りることをSNSで報告

キャプテンマークを巻いたポドルスキの姿は第7節で見納めとなってしまった。 写真:徳原隆元

画像を見る

 ポドルスキの母国に、衝撃が走っている。

 J1ヴィッセル神戸は17日、フアン・マヌエル・リージョ監督と契約解除で合意したことを発表。同じタイミングで、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、キャプテンの座から降りることを、自らのSNSで報告している。

 このニュースは、ポドルスキの母国であるドイツでも衝撃を伴って伝えられている。

 ドイツ紙『BILD』は、「ポドルスキは“責務”を失った。もうすでに彼は神戸のキャプテンではないのだ!」と報じた。

「私たちのポルディ、2014年W杯のチャンピオンの一員である彼は、自身のツイッターに日本語でこう書いた。『それは難しい決断でした』。別のメッセージでは、神戸での契約を残しているポルディはファンに感謝を述べた。彼は2018年2月に主将に任命され、初年度はリーグ10位となり、2シーズン目に突入した矢先の出来事だった」
 

 また、現地メディア『TAG24』は「神戸でクライシス。ポドルスキはキャプテンとしてのキャリアに終止符」とタイトルを打ち、「ポドルスキと神戸の契約はまだ残っているが、今夏にはすべての可能性が目の前に開かれているだろう。彼はまだ、ブンデスリーガでもやれるはずだ」と、契約終了前に去る可能性もあると推測している。

 ポドルスキ自身は、「キャプテンマークは返しても変わらないのは、これからもみんなのリーダーとしてチームを引っ張って行くことです」との言葉を残しているが……。

 神戸の新監督には吉田孝行氏が復帰。ダビド・ビジャ&アンドレス・イニエスタの元スペイン代表コンビにポドルスキを加えた”VIP”トリオを、どう使いこなすのか。新体制初戦となる20日の浦和とのアウェーゲームに注目が集まる。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ