【J1採点&寸評】川崎1-1C大阪|攻守で存在感を放ち続けた川崎CBコンビを最高評価!

カテゴリ:Jリーグ

江藤高志

2019年04月06日

川崎――奈良は堅守を保つ一方で決定機を演出

【警告】川崎=なし C大阪=松田(32分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】奈良竜樹(川崎)

画像を見る

 [J1リーグ6節]川崎1-1C大阪/4月5日(土)/等々力
 
 
【チーム採点・寸評】
川崎 6
知念慶のアクシデントはあったが、軽い失点が悔やまれる。試合内容が悪くなかった一方、シュートチャンスを増やせず。こうした試合を勝ち切らなければ…。
 
【川崎|採点・寸評】
GK
1 チョン・ソンリョン 6
同点で迎えた78分のC大阪の決定機は、身体を大きく使って柿谷を威圧。枠に蹴らせなかった。あまり守備機会はないなかでの大仕事だった。
 
DF
27 鈴木雄斗 6
家長とのコンビで右サイドを攻め上がる場面をよく作った。クロスを入れる判断、精度を高めたい。
 
MAN OF THE MATCH
3 奈良竜樹 7
1失点はしたが、CBとしての1対1の対応は素晴らしく、反応良くC大阪の選手からボールを奪い続けた。また決定的なスルーパスを2本通すなど攻撃でも貢献した。
 
5 谷口彰悟 7
都倉との競り合いで一歩も引かず、分厚く攻める川崎を最終ラインから支えた。攻守両面でよく戦っただけに1失点が悔やまれる。
 
2 登里享平 6.5
流れを読む能力の高さをこの試合でも発揮。素晴らしい判断で攻撃参加し続けた。松田を圧迫し交代に追い込む役割を果たす。
 
MF
25 田中 碧 6.5
最も圧迫される中盤において、技術をベースにした能力の高さでボールをさばき続けた。知念の同点ゴールをアシスト。85分のシュートチャンスは一瞬遅れた判断を早めたい。
 
6 守田英正 6
前半はよく攻撃に絡みつつ、後半は田中とのバランスを取ったポジショニング。分厚く握る川崎の中盤をうまく支えた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ