鹿島に逆転負け…風間監督が悔やんだ勝敗の分かれ目は?「1-0になってからやり方を変えてしまった」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年04月06日

「少し自分たちがテンポを落としてしまった。そこでしょうね」

風間監督は先制後の対応を課題に挙げた。写真:滝川敏之

画像を見る

 鹿島に1-2で逆転負けを喫した名古屋の指揮官が、独特の表現で敗因を振り返った。
 
 試合後のフラッシュインタビューに応じた風間八宏監督は、「よくやったと思うが、1-0になってからやり方を変えてしまった」と述べ、「少し自分たちがテンポを落としてしまった。そこでしょうね」と勝敗を分けたポイントを挙げた。
 
 アウェーの県立カシマスタジアムに乗り込んだ首位チームは、立ち上がりから相手を圧倒。小気味よいパスワークとドリブルでの仕掛けをミックスし、アジア王者を多角的に攻め立てた。そうして迎えた後半立ち上がりの47分、右サイドを豪快に上がったDF中谷進之介のクロスをガブリエル・シャビエルが仕上げ、願ってもない先制点を手に入れている。
 しかし、そこからだ。
 
 先制点でホッと一息ついたのか、名古屋は攻撃の手を緩めてしまう。風間監督が「テンポを落としてしまった」と見ていたチームは、受けに回って一気に押し込まれ、72分にクロスから土居聖真に同点弾を許し、81分にはレオ・シルバに圧巻の”4人抜き”弾をお見舞いされた。
 
 とはいえ、指揮官に落ち込んだ様子はなく、「ただ、我々はまだまだ勉強する余地がありますし、今日はこれだけの相手を完全に押し込みましたので、続けていきたいと思います」と先制点を奪うまでの選手たちの奮闘を称え、「自分たちがやるべきこと、特に距離ですね。それをしっかりやっている時は完全に押し込んだ。それが少しテンポを落とした時に、初めて受けてしまった。そこを学んでほしいです」と前を向いていた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ