【U-18高円宮杯】WESTの優勝争い本命は広島!強力なJクラブ勢に対し高体連勢は…

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2019年04月06日

昨季の王者・広島のストロングポイントは?

左から食野、遠山、鷲見、土肥。いずれも今季のプレミアリーグWESTで主役を張る可能性を持ったタレントだ。写真:森田将義

画像を見る

 4月6日と7日にU-18高円宮杯プレミアリーグが開幕する。昨季はWESTを制した広島がEAST覇者・鹿島を下し、年間王者に輝いた。果たして今年はどのチームが戴冠するのか。参加するのは20チーム。EASTとWESTに分かれ、ホーム&アウエー方式のリーグ戦を戦う。
 
 各リーグの優勝チームは12月15日に行なわれる日本一決定戦、プレミアリーグファイナルへ出場。また、9位以下のチームは各地域のプリンスリーグに降格する。1年間を戦い切るチーム力が試されるなか、本稿ではユース年代最高峰の戦いを展望する。


───◆───◆───

「チームが入れ替わりながら年々リーグのレベルが上がっている。厳しさが増すばかりなので、上も下も関係なくやっていかないと苦しいシーズンになる」

 こう口にするのは、昨年プレミアリーグファイナルを制して日本一(EASTとWESTの王者が対戦する優勝決定戦)となった広島ユースの沢田謙太郎監督だ。今季のプレミアリーグWESTは、どこが優勝してもおかしくない混沌とした様相を呈している。

 とはいえ、主役候補が前年王者である広島ユースであるのは間違いないだろう。昨季から主力が大きく変わったが、全員がゴールカバーの意識を高く持つ守備意識は今季も健在で、「守備の積み上げは年々できている」(沢田監督)。

 攻撃は「われわれが想像もしないプレーをするので、攻撃に関しては何も教える必要がない」と指揮官が称するMF土肥航大(3年)を中心に、細かいパスでの崩しが増える見込み。万能型ストライカー・鮎川峻(3年)の存在も強みで、連覇を狙える好チームに仕上がっている。
 
 昨シーズン2位となったG大阪ユースはJ3・4節の藤枝戦でゴールを奪ったMF食野壮磨(3年)を筆頭に、前線にタレントが多く揃うのが特徴だ。「自分たちだけでなく、見ている人も楽しめるサッカーがしたい」と話すのはDF髙橋直也(3年)で、攻撃色の強いスタイルは魅力十分。リーグ最多得点をマークした昨季以上の数字も期待できるため、不安を残す守りが安定すれば4年ぶりのリーグ優勝も見えるだろう。
 
 GK三井大輝(3年)やDF鷲見星河(2年)ら守備陣に世代別代表が揃う名古屋U-18も、今季は本気でタイトルを狙えるだけの戦力を揃えた好チーム。開幕からのスタートダッシュに期待できそうだ。
 
 昨年は最終節で優勝を逃した京都U-18は連動性の高い攻撃に注目だ。DF井上航希(3年)ら昨年を知る選手だけでなく、ルーキーのMF遠山悠希(1年)が早くも堂々としたプレーを見せているのは好材料。主導権を握る試合は多くなりそうなだけに、ポイントは課題の解消。MF山田楓喜(3年)が「プレミアまでにもっと勝ちに拘り、決定力を上げていかないといけない」と話す問題点を早い段階で解決したい。
 
 元日本代表の海本慶治監督を新たに迎えたC大阪U-18は、3年生の多くがU-23チームでプレーする影響で下級生主体のメンバー編成を余儀なくされた。だが、ここに来てU-18日本代表のFW藤尾翔太(3年)がチームに参戦。プレミアリーグへの出場は流動的だが、高校年代では違いを見せる彼がピッチに立てば、チームに追い風が吹くだろう。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ