胸に刻んだ旧友の躍進。京都橘期待のレフティ・高木大輝が新境地を開いて上のステージへ

カテゴリ:高校・ユース・その他

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2019年03月30日

左SB以外にチャレンジする理由は?

スピードと左足のキックが高木の武器。今後の成長次第はプロ入りも狙える逸材だ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 近年、古都の高校サッカー界を牽引してきた京都橘。一昨年まで6年連続でインターハイ、選手権のどちらかで必ず全国大会に出場していたが、昨年は夏冬ともに一度も檜舞台に姿を見せられなかった。
 
 2年ぶりの全国へ――。府内の覇権を取り戻す始動した新チームにおいて、キーマンのひとりが高木大輝(新3年)だ。加速力は一級品。米澤一成監督も「スピードはあるので前に行ける」と太鼓判を押しており、1年生の頃から左SBのレギュラーとして使い続けてきた。加えて、レフティである点も魅力のひとつ。果敢に攻撃に加わり、高質なクロスからチャンスを生み出してきた。
 
 今後の成長次第では、プロ入りも狙える逸材であるのは確かだ。ただ、指揮官は上のステージを目指すのであれば、課題も多いという。

「素晴らしいわと思うところもあるけど、素人みたいなプレーも見せるので波がある。そこを彼は埋めないといけない」

 いかにウィークポイントと向き合えるか。米澤監督は集中力の問題を悪癖の要因と見ており、高木の性格や将来を考えて今季は様々なポジションにトライさせている。3-4-2-1の左ウイングバック、4-4-2では左右のサイドハーフ、中盤の真ん中。「ちょっと集中力が持たないので、違ったポジションをやらせた方が良いかもしれない。SBに慣れてしまうので景色を変えてあげたほうがいい」と異なるタスクを与え、高木の心をくすぐるように、プレーの幅を広げさせている。

 3月29日の船橋招待大会・東京Vユース戦は右サイドハーフで起用。縦だけではなくカットインも織り交ぜながらチャンスを演出し、早速新たなポジションで可能性を示した。

 本人も複数のポジションに挑戦したことから多くの学びを得たようだ。

「いろんな場所をやれば、自分の武器にもなるのでいい経験だと思う。特に右サイドをやるときは仕掛け方が違うので、カットインを意識している。縦と中に行けるので、そこはもっとバリエーションを増やしてやっていきたい。

 インサイドをやる時は本当にいろんなところを見ないといけないので、常に仲間を見ている。3-4-2-1の左ウイングバックだと運動量が求められる。攻撃も守備もやらないといけないですし、ディフェンスは自分の課題なのでいい経験です」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ