「イタリア版ペップ」の強いこだわりと柔軟性とは?【独占インタビュー】

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年03月21日

「私なりのやり方で勝利を目指している」。

独占インタビューに応じてくれたデ・ゼルビ監督。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

『イタリア版ペップ・グアルディオラ』として注目を集めているのが、今シーズンからサッスオーロを率いるロベルト・デ・ゼルビ監督だ。ポジショナルプレーを基本とした攻撃サッカーを掲げ、格上相手にも一歩も引かない。その戦術的かつ勇敢な戦いぶりには、往年の名将アリーゴ・サッキ、そしてグアルディオラも称賛を惜しまない。
 
 そんなデ・ゼルビ監督の独占インタビューに『ワールドサッカーダイジェスト』が成功。3月20日発売号に掲載中だ。『サッカーダイジェストWEB』では、本誌に入りきらなかったQ&Aを公開する。
 
荻原千佳子氏:あなたの特長のひとつが、相手にかかわらず自分のサッカーを貫くことだと思います。マウリツィオ・サッリ(チェルシー監督)も「デ・ゼルビは40歳の頃の自分よりも勇気がある」と言っていました。ポジショナルプレーを軸とした攻撃サッカーを常に貫いていますよね?
 
「常にそうだ。常にね。『勇気がある』というのは、尊大になるとか、相手チームをリスペクトしないとかという意味ではなくてね。私はトレーニングでも試合でも、常に勝利を目指している。ただし、私なりのやり方で勝ちたいんだ」
 
荻原氏:ただ、ある会見で「ユベントスやインテルと戦うよりも、エンポリやスパルと戦う試合のほうが難しい」と言っていました。その真意は?
 
「スター選手が多い大きなチームは、うちがボールと主導権を握っているとイライラしはじめるからね。その状況に慣れていないからさ。そのうえ、アタッカー陣のプレスも弱い。ほとんどのスター選手はボールを追いかけるのが苦手だからね。でも、ボールと主導権を譲る受け身に慣れている下位チームは、うちのボール回しとポジション移動を寸断する術をよく知っている。その分だけ頭も忍耐も必要になるんだ。だからビッグクラブよりもプロビンチャ(中小クラブ)と戦うほうが、より難しいってことさ」
 
荻原氏:セリエAでも最近は、受け身ではなく積極的なサッカーを展開するチームが増えていますよね?
 
「そうだね。全般的にその傾向はあるだろう。ただ、セリエAには常にプレースタイルの流行がある。例えばコンテがユベントスを率いて成功した時は、コンテの3-5-2を多くの監督がフォローした。でも私は、なぜそのスタイルやシステムを使うのか、どういう利点があるのかを、監督はまず考える必要があると思う。選手にスタイルやシステムを浸透させるには、まず監督がそれを理解して信じる必要があるからね。だから流行にはあまり興味がないな」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ