“神対応”の理由は!? バルサ加入のボアテングがファンのゲーム課金代を支払う!

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月12日

今年1月の移籍の影響で…

その“いかつい”見た目とは裏腹に、ボアテングは心優しい一面を持っている。 (C) Getty Images

画像を見る

 バルセロナに所属するMFの“神対応”が話題となっている。現地時間2月10日、スペイン紙『Marca』は、元ガーナ代表MFのケビン=プリンス・ボアテングのファンへの振る舞いを絶賛した。

 昨年7月にフランクフルトからサッスオーロへ3年契約で加入したものの、「(オファーに)ノーということはできなかった」と、わずか半年後の今年1月にバルセロナへ期限付き移籍したボアテング。それは、イタリアのサッカーファンにも影響を与えていたようだ。

『Marca』が紹介したのは、そんなファンとボアテングの交流。イタリアで流行っているサッカーゲーム『ファンタジー・フットボール』において、バルサ移籍直前にボアテングを獲得してしまった一人のファンが、インスタグラムを通して本人に“返金”を求めたというのだ。

「カネを返してくれよ! どうすりゃいい? 口座番号でも教えようか?」という文句とともに課金額と振込先を書き込んだファン。すると、驚くことにボアテング本人から、「やあ、もう返金しておいたからね。君に大きなハグを送る」との返信が届いたのだ。ファンが急いで口座を確認すると、実際にお金は振り込まれていたという。

 これに驚いた彼は、「嘘だ。嘘だろ? こんなことはありない」と感激し、さらに次のようにコメントを綴った。

「貰ったお金は、慈善団体に全額寄付させてもらうよ。僕は何もいらない。でも、もしもあなたが同意してくれるなら、一緒に写真を撮るのが夢だ。もちろん、チケットは買うよ」

 バルサではベンチを温める日々が続いているボアテングだが、『Marca』に「ファンのために粋なことができる男」と称賛された今回のような“神対応”で、新天地のファンの心も掴めるか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ