まさかの躓き…リーグ4戦未勝利の王者・川崎になにが起こっているのか

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年03月18日

G大阪に敗れ、リーグ戦で今季初黒星を喫する

リーグ戦では4戦未勝利となった川崎。G大阪には0-1で敗れた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J14節]川崎0-1G大阪/3月17日/等々力
 
 リーグ3連覇、そしてACLも含めた前人未到の4冠を目指す川崎が、シーズン序盤でまさかの躓きを見せている。
 
 ACLは1勝1敗、リーグ戦は3試合連続ドローで迎えた、4節のG大阪戦は強行日程や怪我人の影響もあり、ボランチでは移籍加入後初出場となった山村和也とプロ3年目の田中碧を組ませ、CFには知念慶を起用するなど、通常とは異なる顔ぶれで臨んだ。
 
 ただ、メンバー構成が変わったためか、立ち上がりからミスが目立ち、持ち前のパスワークは鳴りを潜めたまま。知念が「自分が孤立してしまった」と振り返ったように、全体の距離感も悪く、G大阪の守備を崩し切るには至らなかった。
 
 すると90+1分に右サイドから崩されて失点。リーグ戦では今季初黒星を喫したのだ。
 
 リーグ連覇を果たした過去2シーズンも、スロースターターではあった。シーズン序盤は様々な組み合わせを試しつつ、陣容が固まった夏ごろから一気に調子を上げて、勝負の秋口で勝点を稼ぐ。これが“優勝の方程式”だっただけに、調子の上がらないチーム状況を見ていても、開幕当初はどこか楽観ムードがあった。
 
 しかし、リーグ戦では4戦を終えて1勝も挙げられていない状況(3分1敗)に、危機感も強まってきた。この日は欠場した小林悠に代わってキャプテンマークを巻いた谷口彰悟も「正直、この状況は想像していませんでした。簡単には勝てるとは思っていなかったですが、現実を思い知らされたという感覚です。やるべきことをやらなくてはいけないですし、やるべきことをやったとしても勝てるか分からない。だから、それ以上のことをやっていかなくてはいけないと思います」と口にする。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ