【岩本輝雄】マリノスは無敗をキープも、肝となる“あのポジション”に小さくない不安が…

カテゴリ:連載・コラム

岩本輝雄

2019年03月12日

マルコスはさらに勢いづきそうだね

川崎戦で来日初ゴールを決めたマルコス。動きにキレもあったし、今後のさらなる活躍が楽しみだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第3節]横浜2-2川崎/3月10日/日産ス
 
 開幕から2連勝と好調をキープするマリノスが、リーグ連覇中の王者フロンターレをホームに迎えた神奈川ダービー。両チームとも攻撃サッカーを標榜するだけあり、見応えのある一戦になると期待していたけど、結果は2-2のドローだったね。
 
 1-1で迎えた88分、レアンドロ・ダミアンのゴールでフロンターレが勝ち越した時は、これで決着がついたかと思った。だけどマリノスはラストワンプレーのCKで、天野の蹴ったボールを扇原がヘッドで叩き込む。劇的な同点弾で勝点1を掴み取るあたりに、今季のマリノスはちょっと違うぞ、と思わせられた。
 
 難敵を相手に、この日のマリノスも自慢のアタッキング・フットボールを披露。なかでも、24分に来日初得点となる同点弾を決めた左ウイングの新助っ人マルコスは良かったね。動きにキレがあるし、ボールもキープできる。ゴールという結果を残したことで、さらに勢いづくんじゃないかな。
 
 同じく、今季の新戦力のCFエジガルは、開幕から2試合連続ゴールと絶好調だったけど、フロンターレ戦は相手の2CB、谷口と奈良に抑え込まれてしまった。シュートも2本しか打てなかったし、本人も不完全燃焼だったと感じているはずだ。
 
 もっとも、エジガルにとっては少々、難しいシチュエーションだったこともある。マリノスは、フロンターレから期限付き移籍中の三好を、契約の関係上、この試合では起用できなかった。非凡なテクニックと豊富なアイデアに定評あるこの技巧派レフティがいれば、もう少し真ん中から崩せて、エジガルへのマークも軽減されたはずだけど、そうはならなかった。相手に“監視”される時間が長く、少々、イライラしていた印象もあった。
 
 欠場した三好の代わりに先発したのが大津だったけど、彼には彼の良さがあるし、攻守にハードワークする姿は頼もしかった。マルコスのゴールは、右サイドを突破した仲川からのクロスを押し込んだ形で、その仲川を走らせた縦パスを出したのは大津だ。フィニッシュに絡む仕事もしたし、及第点のパフォーマンスだったと思うよ。

【横浜2-2川崎 PHOTO】ドラマは最後に待っていた!横浜が土壇場での同点弾!王者川崎はまさかの3戦未勝利…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ