【横浜】アタッキング・フットボールを支えるGK飯倉大樹の「動」から「静」への進化

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年03月03日

プレーに関与せずとも集中力を保てるワケは?

集中力を切らさないために、飯倉はこれまで以上にコーチングを意識して、臨戦態勢を整えているという。写真:滝川敏之

画像を見る

[J1リーグ2節]横浜2-1仙台/3月2日/日産ス

 3-2で競り勝ったG大阪との開幕戦に続き、ホームに仙台を迎えた一戦は2-1の勝利を収めて、連勝を飾った。仙台戦も1点差の勝負を勝ち切ったが、スコア以上に内容で相手を圧倒。71.0%のポゼッション率で主導権を握り、仙台の3倍のシュートを放つ。ワンサイドゲームと言っても、おかしくはない戦いぶりだった。
 
 敵陣でのプレータイムが増えれば、それだけ失点のリスクは減る。アタッキング・フットボールを掲げるチームとしては理想的な展開だが、そうなると必然的に、守備の選手、とりわけGKがボールに触る頻度は少なくなる。
 
「今のサッカーをしていれば、GKのところは、なかなかボールが来ないなかで、時折あるピンチとかクロスに対処しなければならない。ぼんぼんボールが来て、リズムを作るというわけではないから、GKとしては少し難しい部分はある」
 
 横浜の絶対的守護神、飯倉大樹は現状をそう語る。たしかに仙台戦では、プレーに絡む場面は決して多くはなかった。
 
 それでも、何度か際どいクロスが飛んできても、キャッチングやセービングがブレることはなかった。終了間際にPKで失点を喫したとはいえ、試合を通じてプレー回数は少なかったにもかかわらず、最後まで安定感は保たれたままだった。
 
 それができたのは、ボールが来なくても集中力を切らさなかったことが大きい。そのためには、これまで以上にコーチングを意識することで、臨戦状態を整えているという。
 
「ちょっとしたズレのところを、細かく指示したり。ほんの少しのポジショニングの差で、相手も引かざるを得なくなる。そこの駆け引きはあるから」
 
 特に中盤やSBの選手には、「声が届く範囲で」ポジショニングの修正をコーチングする。
 
「(アンカーの)キー坊(喜田拓也)とか、(インサイドハーフの三好)康児とかが、いろいろ“出入り”していると、相手がくっついてきたり、こなかったりする。そこは本当によく見るようにしている。キー坊を前に出せば、例えば(相手の)2トップの片方がちょっと下がる。そうるすと、うちのCB、シン(畠中槙之輔)とかチアゴ(・マルチンス)が空いてきて、自然と相手の陣形も下がるし、カウンターを食らうリスクも減るから」
 
 相手の動き方によって、どこにスペースが生まれるか。そこを効果的に活用するために、フィールドプレーヤーにコーチングして、ポジショニングを微調整する。
「康児に『下がるな!』とか、(左SBの高野)遼に『出ていけ!』とか」

 自分の集中力を切らさないために、いつピンチが訪れても確実に防げるように、コーチングに重きを置く。そうすることで、オーケストラの指揮者のように、味方を動かして、試合を有利に運べるようにする
 
「それが上手くいくと、今日(仙台戦)の前半みたいに相手を押し込めるから。そういうのは楽しいかなと思う」

【横浜 2-1 仙台 PHOTO】横浜がエジガル・ジュニオの2発で開幕2連勝を飾る!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ