【小宮良之の日本サッカー兵法書】 世界でも稀な注目度が「高校以上プロ未満」の原石に与える影響

カテゴリ:連載・コラム

小宮良之

2019年03月10日

「選手権」は選手を劇的に変えることもあるが…

今年の決勝も54,194人が現地観戦。かつて日本サッカー最大のイベントといわれた高校選手権は、今でも冬の風物詩として大きな関心を集めている。これにより、選手たちが得るものも決して少なくはないが……。 写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2019年も、高校選手権の決勝(青森山田×流通経済大柏)には6万人近い観客が集まったという。
 
 ユース年代の大会としては、世界的に見ても例外的な熱狂と言える。欧州では、この年代のチャンピオンズ・リーグといわれる「UEFAユースリーグ」ですら、数千人の観客を集めることは簡単でない。
 
 しかも高校選手権には、クラブユースは参加していない。ユース年代でも、限られた団体に過ぎないのである。にもかかわらず、これだけの人気を博しているのだ。

 
「やっぱり、選手権を経験したかった」
 
 Jリーグが創設されてから20年以上が経つが、相変わらずそう語る選手は絶えない。クラブユースに所属しながら、あえて高校の部活に“移籍”する場合もある。「選手権」は、今もひとつのブランドと言えるだろう。
 
 クラブユースは充実したハード面を備え、好待遇で地元の一番手の選手たちを集められる。にもかかわらず、現在も代表選手の数は、高校の部活出身者とほぼ同数。育成面で、部活は結果を出しているのだ。
 
 選手権とは、国内における注目度において、同年代最高峰のU-20ワールドカップにも匹敵する大会かもしれない。
 
「5万人の観客に見られながらプレーするのは最高だし、民放でテレビ放送もある」
 
 選手たちは口を揃える。確かにJリーグの試合でも、民放の地上波で放送されることは稀なことだ。その熱によって、選手が劇的な変身を遂げることもある。観客の興奮に、選手がカタルシスを受けるのだ。
 
 その一方で、高校生である彼らに、想像以上の負荷がかかる場合がある。注目を浴びることになった選手は、大抵は実力以上の存在として、周りから担ぎ上げられる。「超高校級」「○○二世」「平成の怪物」など、あらゆる美辞麗句を与えられる。
 
 しかし、実像はなかなかそれらに追いつかない。

【関連記事】
「イヌイがCL出場のためのキーマンだ!」「驚くようなゴール!」絶妙フェイントで2戦連発の乾貴士に称賛の嵐!
「さすがサムライ!」「素晴らしいゴール」西村拓真、待望の公式戦初ゴールでCSKAモスクワの完勝に貢献!!
久保建英が1アシスト、FC東京がホーム開幕戦を制す!鳥栖はJデビューのクエンカ、F・トーレスが不発
イニエスタ、今季初アシスト! 絶品のピンポイントクロスで古橋の同点弾を引き出す!!
大不振のマドリー、ネイマール獲得に本腰か!? 年俸12億円アップ&移籍金455億円の巨額オファーを準備との報道
マラドーナ、3人の隠し子がキューバに! 衝撃的ニュースに家族や関係者の反応は!? 「11人まであと少しだ…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月28日号
    3月14日発売
    7つのキーワードで読み解く
    ヴィッセル神戸
    「解体新書」
    松本山雅&横浜FC特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月20日発売
    勝てるチームはここが違う!
    世界最高レベルの
    「セットプレー& GK」大考察
    ジダン電撃復帰の真相も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ