「さすがサムライ!」「素晴らしいゴール」西村拓真、待望の公式戦初ゴールでCSKAモスクワの完勝に貢献!!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月10日

ロシアに渡り、公式戦初ゴール!

ロシアリーグ第19節に先発出場し、初ゴールを決めた西村。CSKAモスクワのサポーターも祝福した。 (C) REUTERS/AFLO

画像を見る

 現地時間3月8日にロシア・リーグ第19節が行なわれ、CSKAモスクワはルピンカザンをホームに迎えた。試合は3-0で勝利。先制点は、昨夏J1ベガルタ仙台から加入した西村拓真が決めた。西村にとっては、ロシアでの公式戦初ゴールとなる。

 長いウインターブレークから開けた前節、CSKAモスクワはアルセナル・トゥラに0-2で完敗。攻撃陣が度重なる決定機を逃し、1点も奪うことができなかった。

 攻撃陣の不振が嘆かれるなか、指揮官のヴィクトル・ゴンチャレンコは翌週のホームでの一戦に、西村を3トップ左に起用。これがピタリとハマった。

 西村はリーグ中断期間中のスペイン合宿で行なわれたテストマッチで、ゴールやアシストを記録するなど、好調を維持していた。この試合ではDFの裏を狙う動き出しと豊富な運動量で前線を活性化。試合開始早々から積極的な攻め上がりを見せ、得点の気配を漂わせた。

 16分、右ウイングバック・マリオ・フェルナンデスからのスルーパスを中央で受けた西村は、DFを引きはがしフリーでシュート。しかしこれはゴール右に外れる。3分後の19分にはFWヒョードル・チャロフのシュートをGKが弾いたボールを右足で蹴り込むが、これはゴール左に外れてしまった。

 三度目の正直は24分、左サイド・ゲオルギ・シェンニコフのクロスをフェルナンデスが頭で折り返したボールを、中央のチャロフがスルー。空いたスペースに転がったボールを、走り込んだ西村が右足で冷静に蹴り込み、ゴールネットに突き刺した。

 ロシアに渡ってから、公式戦では初となるゴールを決めた西村は喜びを爆発させる。仲間からの手荒な祝福を受けた後はベンチのスタッフとハイタッチ。スタジアムには大勢のサポーターの叫ぶ「タクマ!」「ニシムラ!」の声が響き渡った。

 西村のゴールで完全に勢いづいたCSKAは、その後も攻め手を緩めないものの、決定機をものにすることができず、1点リードで前半を折り返した。

 後半もホームチームの攻勢が続く。西村はゴール前で惜しいシュートを放つシーンなどもあったが2点目を奪うことはできず、66分、ベンチに退いた。

 CSKAモスクワは83分にチャロフ、後半アディショナルタイムにヤカ・ビョルが追加点を決めて3-0とし、ウインターブレイク明け初の勝利をホームで記録している。

 試合後、日本人選手の初ゴールを報告する公式SNSアカウントには、完勝を喜ぶ現地サポーターから「さすがサムライ!賢い!」「タクマ!素晴らしい!」といった称賛の声が多数寄せられた。

 ロシアに渡って半年余り、ようやく待望の初ゴールを記録した西村。CSKAモスクワでの定位置確保へ、大きな一歩を踏み出したと言えるだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ