久保建英が1アシスト、FC東京がホーム開幕戦を制す!鳥栖はJデビューのクエンカ、F・トーレスが不発

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年03月10日

膠着した状況が続くなか、最終盤にスコアが動く!

キャプテンマークを巻いてピッチに立ったF・トーレス。思い通りにボールが来ず、ラフプレーでイエローカードを貰う場面も。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 3月10日、味の素スタジアムでJ1リーグ3節のFC東京対サガン鳥栖の一戦が行なわれた。
 
 ホーム開幕戦となるFC東京は前節同様に新10番・東慶悟、日本代表の室屋成、U-20日本代表の久保建英らが先発で出場。左サイドバックはこの日も太田宏介ではなく、小川諒也が起用された。

 一方、開幕2連敗中の鳥栖はフェルナンド・トーレスらを起用し、U-18所属の松岡大起も2試合連続でスタートから登場。また、今オフに加入した元バルセロナのイサック・クエンカは初めてベンチ入りを果たした。
 
 序盤から両チームともに決め手を欠く展開。FC東京は最前線のディエゴ・オリヴェイラを起点に、2列目の久保や東がチャンスを窺うものの決定機に結びつかない。16分には予想外のアクシデントも発生する。開始直後に足を痛めた永井がプレー続行不可能となり、今季鳥栖から加入した田川亨介の投入を余儀なくされた。
 
 一方の鳥栖もF・トーレスや金崎を上手く使おうとするが、ビルドアップでのミスが散見。中盤から先へ応用にボールが運べず、なかなか突破口を見出せない。それでも、セットプレーから好機を作る。29分にはスローインを受けた金崎がペナルティエリア内でシュート。32分にも同様の形からF・トーレスが頭で擦らすと、チョ・ドンゴンがダイビングヘッドを見舞う。GK林彰洋がセーブすると、このこぼれ球に再びチョ・ドンゴンが反応。どちらもゴールには繋がらなかったものの、FC東京の守備陣を慌てさせた。
 

 後半、ホームで負けられないFC東京は積極的に前へ出る。高い位置でボールを奪うと、シンプルに東や久保を使って相手陣内へと侵入。52分には左サイドから高萩洋次郎が中央へ折り返すと、田川がジャンピングボレーを放つ。58分にはゴール前で久保が左足で強烈なショットを見舞うなど、徐々にゴールへ迫る回数が増える。

 一方の鳥栖はセットプレーからゴールへ迫るが、決定機を作り出せない。見かねたルイス・カレーラス監督は60分に金崎を下げ、クエンカを投入。Jデビュー戦となるスペイン人アタッカーに攻撃の活性化を託す。だが、直後の61分に高橋秀人が2枚目のイエローカードで退場処分。数的不利となり、窮地に追い込まれる。それでも何とか守備陣が踏ん張り、得点を与えない。

 最後まで決め手に欠いた両者の対戦はスコアレスドローで決着するかと思われたが、FC東京がホームの意地を見せる。88分、右サイドから逆サイドにアーリークロスが入ると、小川が左足でシュートを放つ。枠を捉えてはいなかったが、鳥栖の三丸拡がクリアミス。これがゴールに吸い込まれ、FC東京が先制に成功する。さらにアディショナルタイムには、久保のラストパスからリーグデビューのジャエルがダメ押し弾。FC東京は2-0で勝利を収め、リーグ戦2連勝を飾った。

 一方の鳥栖は開幕3連敗。クエンカが初出場を果たしたとはいえ、攻撃陣に不安を残す戦いとなった。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ