【浦和】得点力不足がようやく改善へ?長澤和輝が語った「ポジティブな面」

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2019年03月07日

「ビルドアップの面で少しずつ思うようにボールを動かせてきている」

長澤は公式戦4試合連続で先発出場。徐々に手応えを掴んできているようだ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ACLグループステージ1節]浦和3-0ブリーラム/3月6日/埼玉スタジアム2002
 
 浦和レッズがACLの1戦目でブリーラム・ユナイテッドを3-0で下し、今季の公式戦で初勝利を飾った。
 
 川崎との富士ゼロックス・スーパーカップ、開幕節の仙台戦、そして2節の札幌戦といずれも無得点。貧打に喘ぎ、リーグでは17位に低迷しているチームにとって、3ゴールを奪って勝てたのは小さくない収穫ではないだろうか。
 
 選手間の距離感が悪くテンポの悪いパスワークに終始した前半は、攻撃の意図が見えず、ゴール前を固めるブリーラムの守備陣をなかなか崩せなかったが、後半の槙野智章の先制点を皮切りに徐々に流れを掴んでいった。
 
 もちろんビハインドを負った相手が前掛かりになったおかげでもある。ただし、まだまだ迫力は足りず、時折手詰まり感を抱かせたものの、徐々に得点力不足は改善に向かっているのは確かだろう。
 ここまでの公式戦4試合すべてで、インサイドハーフの先発を担った長澤和輝も、その手掛かりを掴んでいるようだ。
 
「ビルドアップの面で少しずつ思うようにボールを動かせてきている。今まではなかなか作り出せなかったチャンスも少しずつ増えてきている。連係も含めてポジティブな面が少しずつ出てきているかなと思います」
 
 この日は回数こそ多くなかったが、短いパスでビルドアップをしながらも時に森脇良太の大胆なサイドチェンジなどで相手に揺さぶりをかけようとする試みが見られた。
 
 オズワルド・オリヴェイラ監督も試合後に「相手が守備的に戦うことは予想できた。なので左サイドは宇賀神(友弥)と槙野にし、右サイドに起点となれる森脇を入れた。ボールの扱いがうまい森脇にサイドチェンジをさせながら、(アタッカー陣に)スペースを見つけて飛び出させようとした」と狙いを語っている。
 
 長澤とオリヴェイラ監督のふたりが揃って言うように、後方からのビルドアップが攻撃の第一歩になる。まさに攻守一体である。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ