【浦和】19歳の橋岡大樹が甘さを痛感した苦難の3週間…そして訪れた飛躍のきっかけ

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2019年03月07日

「出番を失ってから気づかされた」

ブリーラム戦では2ゴールと躍動。大会公式のMVPにも選ばれた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ACLグループステージ1節]浦和3-0ブリーラム/3月6日/埼玉スタジアム2002
 
 浦和レッズの橋岡大樹にとって、ACLの一戦目ブリーラム・ユナイテッド戦がひとつの転機になるかもしれない。
 
 今季初めての公式戦、川崎フロンターレとの富士ゼロックス・スーパーカップでのパフォーマンスは、実に不甲斐なかった。攻めては車屋紳太郎に抑えられ、守っては家長昭博に振り回され、まったくアピールできなかったと言っていい。
 
 実際その後のリーグ戦2試合は出番がなく、特に2節の札幌戦ではベンチに入ることすらできなかった。
 
「昨年は多少悪いプレーをしても試合に出してもらえていた。そんな環境に甘えてしまっていた自分がいました。ゼロックスでチームに迷惑をかけて出番を失ってから気づかされたんです。練習から一歩一歩謙虚に取り組むことが大事なんだと」
 
 だからこそ久しぶりに出番を与えられたブリーラム戦には、特別な想いを抱いて臨んだし、意気込みはいつも以上に強かったはずだ。
 
 右ウイングバックで先発した橋岡は、まさにそんな強い気迫を感じさせるプレーを見せる。常に積極果敢なスタンスを崩さず、高めのポジションを保って攻撃に厚みをもたらせば、相手のオーバラップにもそつなく対応していく。
 
 圧巻は後半だ。75分に、こぼれ球に素早く反応して1ゴール目を突き刺すと、88分には右サイドを駆け上がり、汰木康也からのクロスにダイレクトで合わせて2ゴール目を奪取。ACLデビュー戦とは思えない堂々たる活躍を見せたのだ。
 
「槙野(智章)選手にはハーフタイムに『全部足もとに止めるだけじゃなくて、前を向いて、ドリブルや中央に入っていったり、いろんなアイデアを出せ。もっと自信を持ってやっていい』と言われた。いろんなプレーを選択肢に入れないといけないなと思って、(1点目は)思い切りやって結果が出ました。それに、監督にも『どんどん入っていけ、あそこがチャンスだ』とゴール前に入っていくことを要求されていました。(2点目は)汰木選手はドリブルが得意なので、絶対に中に来ると思ったんです。しっかり走った結果触るだけのボールをくれた。感謝したいです」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ