【横浜】喜田拓也の“意外な発言”に、開幕2連勝の勝因が見えてきた

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年03月02日

「なりふり構わず勝ちに行く。その姿勢も絶対に大事」

3-2で競り勝った開幕のG大阪戦に続き、仙台戦も2-1で勝利。1点差のゲームをしっかりと勝ち切る勝負強さを示した連勝スタートだ。写真:滝川敏之

画像を見る

[J1第2節]横浜2-1仙台/3月2日/日産ス
 
 悪い意味ではなく、意外な発言だと思った。こう言ってはなんだが、横浜の選手が発することに少なからず違和感を覚えた。
 
 前節はアウェーでG大阪に3-2で競り勝ち、今節のホーム開幕戦では仙台に2-1で勝利し、連勝スタートとなった横浜の喜田拓也が言う。
 
「勝つ集団にしていきたい。“勝ち”に貪欲に。勝つことがすべてぐらいの貪欲さがあってもいい。何よりも結果。そこは肝に銘じてピッチに立ちました」
 
 まるで鹿島の選手が言うようなコメントだ。国内随一の常勝軍団である鹿島は、とにかく勝利にこだわって、これまで断トツの20ものタイトルを積み上げてきた。
 
 喜田に件の発言の真意を訊いた。どんな心境の変化があったのか?
 
「去年、苦しんだぶん、あれをただ、苦しいシーズンだったね、で終わらせたくない。無駄にしたくないし、みんなで共有した悔しい気持ちを、次につなげるためにはとなったら、もう結果しかない。
 
 面白いサッカー、良いサッカーをするよね、だけじゃなくて。結果を手にすることで、自分たちが取り組んでいるものがより評価されていくと思う。それは強く感じたこと。自分たちのサッカーにこだわりつつも、なりふり構わず勝ちに行く。その姿勢も絶対に大事。
 
 そういうものをみんなが持ってやれているからこそ、今の結果につながっていると思う。そういう気持ちがないと、絶対に、勝てるほど甘くはない。勝利にこだわるという“発信”は、みんなの口からも出ている。僕も強く発信していきたい」
 
 仙台戦についても、喜田は昨季からの確かな変化を感じている。
 
「ベンチの選手とか、試合前にアップから帰ってきた時も、声をかけてくれる。それは絶対に勝つためのこと。そういう声を聞いていても、『今日もいけるな』って気がした。そういう雰囲気って、このチームにはそこまで多くはなかったと思うんですよ。
 
 試合に出られないのは悔しいはずなのに、その気持ちを押し殺してでも、出ている選手のために頑張れる。それは、間違いなく勝ちにつながると俺は信じている。自分は今日はピッチに立てたけど、サブやベンチ外の選手の姿勢には、本当に頭が下がる思いです。
 
 みんなが勝つための行動、各々が何をすべきかを考えて行動する。それがちょっとずつできてくれば、もっと上に行けると思う」
 
 見応えのあるアタッキング・フットボールを極めると同時に、結果も追い求める。タイトル奪取を目標に掲げる横浜は、着実に変わってきている。残留争いに巻き込まれた昨季の悔しさも原動力に、“勝つ集団”になることを期待したい。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【横浜 2-1 仙台 PHOTO】横浜がE・ジュニオの2発で開幕2連勝を飾る!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ