【横浜担当コラム】メディアとはどうあるべきか? 飯倉大樹の言葉に「ハッ」とさせられた

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2018年10月28日

「そうやって支えてくれる人たちのためにも、優勝したい」

「その記事を読んで、応援してくれる人たちはいろんな知識を入れたり、楽しみ方を知っていくと思うから」(飯倉)。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[ルヴァン杯決勝]湘南1-0横浜/10月27日(土)/埼玉スタジアム2002
 
「ファンやサポーターのために」
「スタッフのために」
「スポンサーのために」
 
 選手からよく聞かれるフレーズだ。自分以外の誰かのために、全力を尽くす。勝利を届けたいと願う。いいことだと思う。
 
 ただ、自分の経験上、「メディアのために」とはあまり聞かれない。別に言ってほしいわけではないし、こちらも選手やチームのために何か特別なことをしているわけでもないから、特に不満はない。ただ、時に批評しつつも、選手の生き様やチームの戦いぶりを伝え、微力ながらサッカー界の盛り上げの一助になればいいな、とは思っている。
 
 それだけに、飯倉大樹の言葉やその気遣いが嬉しかったし、改めて、身の引き締まる思いがした。
 
「そうやって支えてくれる人たちのためにも、優勝したい」
 
 ルヴァンカップの決勝戦、飯倉は試合中、そんなことも考えていたという。“そうやって支えてくれる人たち”とは、メディアのことを指す。試合後には、「そういう人たちのためにも、タイトルを獲れなくて本当に申し訳なかった」と悲しげな表情を浮かべる。
 
 もちろん、自分たちを取り上げてくれることへの感謝の気持ちもあるのだろうが、それよりも飯倉が意識しているのは、メディアの向こう側にいる人たちなのだろう。
 
「その記事を読んで、応援してくれる人たちはいろんな知識を入れたり、楽しみ方を知っていくと思うから」
 
 トリコロールの守護神は、「いつも良い記事、ありがとうございます!」と言う一方で、「内容が悪かったら、ちゃんと書いてくださいね」とオーダーする。
 
 記者として試合を見るのにチケット代はいらない。しかも割と良い席で、だ。以前、上司から「試合取材を当たり前だと思うな!」とたしなめられたことがある。
 
 そのチームを、選手を、応援している人たちのために、しっかりと伝えられるようにしなければならない。飯倉の希望に添えるような仕事ができるよう、サッカーの魅力を広く伝えられるようにまた頑張ろうと思った、ルヴァンカップ決勝だった。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【ルヴァン決勝PHOTO】湘南×横浜の美女サポーターたち

【ルヴァン決勝PHOTO】湘南 1-0 横浜|湘南がクラブ史上初のリーグカップ制覇! 杉岡大暉の先制点を最後まで守り抜く

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ