【横浜】「自分の中で熟知し始めてきている」“新10番&主将”天野純の充実

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年03月02日

「どの相手に対しても、スペースを有効活用できている」

仙台戦では全体を俯瞰するようにチームをオーガナイズしていた天野。そのプレーは攻守両面で効いていた。写真:滝川敏之

画像を見る

[J1リーグ2節]横浜2-1仙台/3月2日/日産ス
 
 自慢の左足から繰り出される精度の高いラストパスはもちろん、ニアゾーンに侵入するタイミング、パスコースを作るポジショニング、相手のカウンターをケアする高い守備意識。圧倒的な攻撃力でワンサイドゲームに持ち込み、2-1で勝利した仙台戦での天野純の好プレーを挙げればキリがない。
 
 得点もアシストも、ない。しかし、インサイドハーフの一角で先発した天野の存在感は際立っていた。シンプルにパスを捌いていたかと思えば、機を見て縦に鋭くランニングし、攻撃を加速させる場面もあった。
 
「ハーフスペースの使い方とか、自分の中で熟知し始めてきているというか。相手が3バックの時、4バックの時で、どこが空くかは違うけど、そこも整理できている。どの相手に対しても、スペースを有効活用できている」
 
 3-2で競り勝った開幕のG大阪戦と同様、インサイドハーフでは新戦力の三好康児とコンビを組んだ。この小柄なテクニシャンは自由に動き回りながら、攻撃のテンポアップを図り、ゴールへの突破口を開こうとする。一方の天野は、やや引き気味に構えて、より全体をオーガナイズしていく。
 
「康児が相方なので、自分がちょっと引いた位置で守備にも重点を置きながら、セカンドボールも拾っていく。そこは去年と若干、役割が違いますけど、今はそれがフィットしている」
 
 仙台戦は61分でお役御免。左足を少し痛めて大事をとった形だが、「今日は自分が6割か7割のパフォーマンスだったけど、それでもこのクオリティのサッカーができるのは凄い。そこも去年とは違うところ」とチームの成長にも手応えを感じているようだ。
 
 もっとも、基本的には攻撃的なアタッカーだ。「本当は、もっとやりたいことがあるけど、チームのバランスを考えると、『ここは行けないな』とか。その葛藤は多少、あります」と本音を吐露する。
 
 だが、ワガママに振る舞う気はさらさらない。「徐々に良いバランスを見つけられれば」というスタンスだ。
 
――ある意味、今は本来の力というか、能力を少しセーブしているとも言えるのかな。この時期にピークを持ってくる必要もないし、中盤戦以降にセーブしていたものを思い切り出す感じ?
 
 そう天野に投げかけてみる。今季から新たに伝統の10番を背負い、キャプテンの重責も担う27歳のレフティは、「そうですね。今はそういう感じで見ていてください」と柔らかい笑顔を見せてくれた。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【横浜 2-1 仙台 PHOTO】横浜がE・ジュニオの2発で開幕2連勝を飾る!!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月14日号
    10月24日発売
    2019年J1&J2全40クラブ
    先取移籍マーケット
    冬の補強戦略
    U-17W杯開幕ガイドも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ