「VAR史上最大のミス」「腕ではなく胸だ」インテル首脳陣が怒り心頭!

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年02月26日

土壇場で勝利を逃したインテル。

土壇場のPKに納得がいかないインテルの選手たちは、試合終了後もレフェリーに抗議した。(C)Getty Images

画像を見る

 インテル関係者が怒り心頭だ。現地時間2月24日のフィオレンティーナ戦におけるVARを巡る一件で、ルチャーノ・スパレッティ監督やジュゼッペ・マロッタCEOが憤慨している。
 
 インテルが3-2の1点リードで迎えた96分、フィオレンティーナのフェデリコ・キエーザが蹴ったボールがダニーロ・ダンブロージオに当たる。胸か腕か微妙なシーンだったが、近くにいたレフェリーは即座にPKの判定を下す。さらにVARで確認したが判定は覆らず、これをジョルダン・ヴェルドゥに決められ、試合は3-3のドローに終わった。
 
 まさに土壇場で勝利を逃したインテルだが、微妙な判定だっただけに怒りが収まらない。スパレッティ監督は試合後、『スカイ・スポーツ』のインタビューでこうぶちまけた。
 
「明らかだ。あのシーンでボールが当たったのは、腕ではなく胸だった。誰もが見ていた。疑いの余地はない。レフェリーも目の前で見ていたはずだ。VARはレフェリーが適切な判断を下すためのもののはずだが…」
 
 さらに辛辣だったのが、マロッタCEOだ。
 
「我々は大きな損失をこうむった。少なくとも私が見た中では、VAR判定史上で最大のミスだ。こんなことが起こってはいけない。ミスを減らすために、VARには多額の投資を行なったのにね。客観性と主観性に欠けて混乱をもたらし、私たちはかなり失望している。レフェリーを批判する気にはならない。システム自体を見直すべきなんだ」
 
 セリエAでは2017-18シーズンからVARが導入され、今シーズンが2シーズン目。判定ミスが減ったと上々の評判だったが、この日のインテルのように不満が出るケースもゼロではない。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月13日号
    5月23日発売
    2019年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    中盤戦「必勝プラン」
    浦和ダイジェストも必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ