「ナガトモは欠かせない存在だった」インテルDFが長友佑都を懐かしむ

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年02月25日

わずか半年だったがチームメイト。

シュクリニアル(左)が元同僚の長友(右)について語った。写真:Alberto LINGRIA,Getty Images

画像を見る

 今やインテルで不動のディフェンス・リーダーに君臨するのが、スロバキア代表CBのミラン・シュクリニアルだ。

 17年夏にサンプドリアから加入した当時は、長友佑都もまだインテルに在籍。日本代表DFが18年1月にガラタサライへ旅立つまで、半年間とはいえチームメイトだった。

 荻原千佳子氏による『ワールドサッカーダイジェスト』最新号のインタビューでは、その長友やチームメイトについて次のように語っている。

荻原氏:当時はまだ長友佑都もインテルにいたよね?

シュクリニアル:(急にニヤッとして)うん。けっこう一緒に試合にも出たよ。すごく良い奴で、ふざけるのが得意でさ。グループにとって欠かせないファンタスティックな存在だったよ。

荻原氏:じゃあ、あなたも冗談を言ったりするのが好きなんだね。

シュクリニアル:笑うのは好きだよ。
 
荻原氏:宿舎ではイバン・ペリシッチと同室だって聞いたけど?

シュクリニアル:入団当時はね。夏のキャンプでは同室だった。でも今はデフライがアッピアーノ(インテルの練習場)でのルームメイトなんだ。

荻原氏:ペリシッチはちょっと内気に見えるけど、実際はどう?

シュクリニアル:いやいや、僕たちはファンタスティックなグループだからね。みんなでふざけたり、笑ったりするのが好きなんだ。イバンもそうだよ。そして、何よりすごい選手だね。

荻原氏:インテルでは誰と仲が良い?

シュクリニアル:う~ん、本当にみんなと良い関係にあるよ。全員と話すし、全員とふざけあっている(笑)。

荻原氏:プライベートでも付き合いはある?

シュクリニアル:もちろん。プライバシーはあるし、みんな家族がいるからいつもってわけにはいかないけどね。時々だけど会ってるよ。

取材:荻原千佳子
※好評発売中の『ワールドサッカーダイジェスト3月7日号』のシュクリニアル独占インタビューより一部転載。同号の特集は「2000年代生まれのニューヒーロー」で、新世代の逸材を一挙に紹介・分析している。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月4日発売
    REAL MADRID
    第3次銀河系の全貌
    400億円投資でどう変わる?
    プレミア開幕1か月前点検も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ