「ワンダ・ナラは喋りすぎ」元旦那マキシ・ロペスがイカルディ問題の元凶を突く!

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年02月25日

かつて後輩イカルディに妻を寝取られる。

イカルディ(左)とワンダ・ナラ(右)はインテルとの問題が長引いている。(C)Getty Images

画像を見る

 マウロ・イカルディと妻で代理人のワンダ・ナラと、インテルの対立はいまだ収束していない。イカルディはクラブにキャプテンマークを剥奪されて以降、4戦連続で欠場しているのだ。

 この“軋轢”の主因とされるのが、ワンダ・ナラの自由奔放な発言の数々だ。契約延長交渉中のインテルに対しては他クラブからのオファーをチラつかせ、監督の起用法に意見すれば、チームメイトをも批判。これでイカルディはクラブからもチームからも見放され、孤立しているとの見方は少なくない。

 この件に関してはクラブ関係者やワンダ・ナラ、識者たちが様々な意見を発信しているが、ここにきてワンダ・ナラの元旦那であるマキシ・ロペス(現ヴァスコ所属)も論争に参戦してきた。

 マキシ・ロペスはサンプドリア時代、同胞で可愛がっていた後輩イカルディに妻ワンダ・ナラを寝取られ、2013年に離婚。こうした経緯から先輩から妻を寝取ったイカルディも、より若く才能のありそうなサッカー選手に乗り換えた格好のワンダ・ナラも、大きな批判を浴びたものだった。

 そんなマキシ・ロペスはアルゼンチンのラジオ『La990』で、現在のイカルディ&ワンダ・ナラ問題について言及している。

「ワンダはお喋りがすぎる。イタリアのクラブ幹部は、アルゼンチンのそれよりもはるかに手強いんだ。いまの問題は、インテル首脳陣がワンダの振る舞いに怒ったことが原因だろう」
 
 実はワンダ・ナラは、マキシ・ロペスの代理人にもなろうとしていたという。

「ワンダは俺の代理人にもなろうとしていた。でも、俺は断ったよ。家族を守りたかったし、仕事とプライベートは分けておきたかったからね」

 そして、セリエAでも屈指のストライカーとなったイカルディの代理人には、妻ではなくプロが必要との見解を示している。

「良い代理人は、選手にとって違いをもたらすんだ。状況を読み、いつ選手を推し、いつチームと話し、いつ黙っておくべきかが、すべて分かっているからだ。イカルディにはそのクオリティーに相応しい代理人が必要だと思う」

 ちなみに、マキシ・ロペスの3人の子供は現在、イカルディとワンダ・ナラが育てているが、連絡を取ることすらできない状況だという。

「子供たちとはあまり会えていない。電話で話すことすら許されないんだ。ワンダとの関係は長年にわたって難しいものとなっている。弁護士を通じて話す。イカルディもワンダと同じ悪態をついてくることがある。そんなやつらとどうやって関係を保てばいいんだ?」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ