「ピオンテクは練習だと普通…」ガットゥーゾも驚くミラン新エースの“不思議”とは?

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年02月25日

「毎日のトレーニングで彼のプレーを見ても…」

ジェノアに続きミランでもゴールを量産中のピオンテク。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 ポーランド代表FWのクシシュトフ・ピオンテクの勢いが止まらない。ジェノアで戦った今シーズン前半戦に、セリエA初挑戦ながら公式戦21試合で19得点と一気に台頭。さらに冬に新天地を求めたミランでも、公式戦6試合で7得点(5試合連続ゴール中)と爆発しているのだ。

 この点取り屋の実像について、『スカイ・スポーツ』で移籍専門記者を務めるジャンルカ・ディ・マルツィオ氏は、『ワールドサッカーダイジェスト』最新号の「移籍市場ここだけの話」で次のように綴っている。

 ピオンテクについてミランのジェンナーロ・ガットゥーゾ監督から聞いた話も興味深い。「毎日のトレーニングで彼のプレーを見ても、それほど凄い選手だとは思えない、特別な感じはまったくしない」と言うのだ。
 
「それが試合になるとまるで別人のように変わり、とてつもない集中力を発揮してのめり込み、90分間鬼気迫るプレーを見せてゴールを決める。ところが、週が明けてミラネッロ(ミランの練習場)に姿を現わすと、また普通のプレーヤーに戻っている」のだそうだ。

「練習でも決して手を抜いているわけではないが、無駄なエネルギーを使わず、それを試合に注ぎ込む。それがあの得点力の秘密だろう、だから練習では過度な要求はしないことにした」と、ガットゥーゾは打ち明けてくれた。

翻訳:片野道郎
※好評発売中の『ワールドサッカーダイジェスト3月7日号』の「ジャンルカ・ディ・マルツィオが打ち明ける 移籍市場ここだけの話」より一部転載。同号の特集は「2000年代生まれのニューヒーロー」で、新世代の逸材を一挙に紹介・分析している。
【関連記事】
「ナガトモは欠かせない存在だった」インテルDFが長友佑都を懐かしむ
ミラン新エースの得点率がすごい! ファン・バステンやシェフチェンコなどレジェンド超え
前代未聞の交代拒否騒動はなぜ起きた? その“真実”をケパとサッリが語る「我々には大きな誤解があった」
「ピルロ2世」ではなく「デ・ロッシ2世」。イタリア18歳新星の特徴とは?
「オスカーの夜が始まった」 疑惑のPKでレバンテを下したR・マドリーに、アトレティコが皮肉のツイート!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ