「俺もめちゃくちゃしてきたから…」 カッサーノ、“先輩トラブルメーカー”としてイカルディに謝罪を助言

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年02月25日

「インテルにはイカルディのゴールが必要」

イカルディは先輩カッサーノの助言を素直に聞き入れるだろうか。(C)Getty Images

画像を見る

 2月13日にキャプテンマークをはく奪されたインテルのマウロ・イカルディは、以降の公式戦4試合を欠場している。チームは24日、セリエA第25節でフィオレンティーナと3-3で引き分けた。

 クラブがイカルディから腕章を取り上げた大きな要因のひとつは、代理人でもある妻ワンダ・ナラの公の場での発言にチームメイトが苛立ち、イカルディとの関係が悪化したからだと言われている。

 多くのクラブでトラブルを起こしてきた“悪童”アントニオ・カッサーノは、自身が応援するインテルのためにも、イカルディがチームに謝罪すべきと考えているようだ。
 
 インテル専門サイト『FCinternews.it』によると、ワンダ・ナラが出演する番組『Tiki Taka』で、カッサーノは「インテルにはイカルディのゴールが必要だ。だが、彼がロッカールームで謝罪し、和解しなければいけない」と述べた。

「ひとりのサポーターとして言うよ。俺はめちゃくちゃなことをしてきて、よく分かっているからね。話し合うべきだ。あとは、6月に握手をして、なるようになればいい。でも、それをしなければ、インテルは困難に陥る」

 またカッサーノは、「腕章を取り上げられたら? 俺ならめちゃくちゃするだろうね」と語ったうえで、「だが、だからといってイカルディも6月までチームから外れるべきということじゃない」と続けた。

「クラブもルチアーノ・スパレッティ監督もクレイジーじゃない。何かしら問題があるんだろう。インテルのためにも問題点をはっきりさせて和解すべきだ。たぶん、スラブ系の選手たちと問題があるんだろうね」

 つい先日まで絶対的エースでキャプテンだったイカルディだが、今や問題児扱いされている。“トラブルメーカーの先輩”からのアドバイスは、イカルディ夫妻の心にどう響いたのだろうか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月13日号
    5月23日発売
    2019年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    中盤戦「必勝プラン」
    浦和ダイジェストも必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ