ミラン新エースの得点率がすごい! ファン・バステンやシェフチェンコなどレジェンド超え

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年02月12日

実に62分に1ゴールを記録する。

ミラン加入後は4試合で4ゴールと大活躍のピオンテク。写真:Alberto LINGRIA

画像を見る

 ポーランド代表FWのクシシュトフ・ピオンテクが、今冬に加入した新天地ミランで最高のスタートを切っている。
 
 チェルシーに去ったゴンサロ・イグアインの後釜としてジェノアから加わったピオンテクは、1月26日のナポリ戦(セリエA21節)で途中出場からミラン・デビュー。この日は無得点に終わったものの、同じくナポリと戦った1月29日のコッパ・イタリア準々決勝で2ゴールを奪うと、2月3日のローマ戦と10日のカリアリ戦でも1ゴールずつ。ジェノアでの半年間(公式戦21試合・19得点)と同じく、類稀な決定力を見せつけている。
 
 ここまで4試合で4得点、時間換算だと実に62分に1ゴールを記録。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙によれば、最初の4試合での得点率はシルビオ・ベルルスコーニ時代(1986~2017年)以降のミラン新加入選手で史上最高だという。
 
 例えば、サッカー史上に残る伝説的なストライカーである1987年加入のマルコ・ファン・バステンは、72分に1ゴール(5得点)。他では1998年加入のオリバー・ビアホフと2013年加入のマリオ・バロテッリは90分に1ゴール(4得点)、1995年加入のジョージ・ウェアが112分に1ゴール(3得点)、2007年加入のアレシャンドレ・パトが111分に1ゴール(3得点)、2001年加入のフィリッポ・インザーギが118分に1ゴール(3得点)だった。
 
 過去20年のミランでは最高クラスのストライカーだった1999年加入のアンドリー・シェフチェンコも163分に1ゴール(2得点)、2010年加入のズラタン・イブラヒモビッチも120分に1ゴール(3得点)だ。
 
 もちろん、これはまだ加入から最初の4試合の記録でしかない。ピオンテクがミラン在籍時の公式戦201試合で125得点のファン・バステン、322試合で175得点のシェフチェンコ、300試合で126得点のインザーギ、85試合で56得点のイブラヒモビッチのようなレジェンドになれる保証はない。
 
 とはいえ、ピオンテクが最高のスタートを切ったことは間違いない。ミランの次の試合は2月16日のアタランタ戦。ここでもポーランド代表FWはゴールを奪えるだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月9日号
    4月25日発売
    さらば平成──
    日本サッカー激動の30年史
    厳選20クラブヒストリーに
    巻頭では小野伸二が登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ